DNP banner

固体NMRの感度を大幅に向上

ブルカーは世界で初めて、動的核偏極で強化されたNMRシステム(DNP-NMR)の販売を開始しました。

Bruker の263GHz、395GHz、527 および 593GHz の DNP-NMR 分光計は、世界で初めて市販された固体動的核偏極法 NMR(DNP-NMR)システムです。いずれの DNP-NMR 分光計も、生体分子研究や材料科学、医薬品分野などで、これまでにないほどの高感度な固体 NMR 実験が可能です。Bruker の DNP 分光計は、世界中で採用されている35台のシステムで、優れた性能を発揮することが実証されています。

マイクロ波照射によって分極を不対電子スピンから核スピンに移動させることで、信号を20~200倍に増幅します。このハイパワージャイロトロンシステムは263GHz、395GHz、527GHzのマイクロ波を伝搬でき、堅牢かつ安全で使いやすく、長時間のDNP実験が可能です。

Dnp boltzmann polarization

DNPサンプルの調製には、対象のサンプルに偏極剤を添加するか、サンプル中のラジカルをそのまま利用します。実験は100K以下の低温で連続してマイクロ波を照射します。革新的な低温MASプローブによって、NMR内で直接、in-situサンプルを分極できるようになりました。

  • 高磁場でのDNPで強化された固体NMR実験のためのすぐに利用可能なソリューション
  • 分極の増強で、固体NMRの感度が最大200倍のゲインまで増大
  • 独自のハイパワーマイクロ波源
  • 使いやすいソフトウェア制御のハイパワージャイロトロン
  • マイクロ波伝送ラインでサンプルへの最適なビーム伝播を保証
  • 導波管と低温スピンガス供給が一体化された低温MASプローブ技術
  • AVANCE™ III HD スイープコイル搭載の400、600、800のワイドボアNMRシステム

可能性の地平線を超えて行く

ロバート・グリフィン教授による動的核分極(DNP)の開発と製品化について。