Nitrogen Liquefier System

マグネットの利便性

ユーザーを液体窒素の充填作業から開放します

新型ブルカー・スマート窒素液化装置 (BSNL) は最新のクライオシステ(CryoPlatformTM)の余分な冷却能力を利用し、蒸発窒素ガスをクライオスタット内に再凝縮させるシステムです。標準的なマグネットは2–3週ごとに液体窒素の充填を必要としますが、BSNLシステムは充填周期を延長させ、充填を不要とするケースもあり、ユーザーを液体窒素充填から開放してくれます。

 

  • 液体窒素の充填回数を低減、もしくは解消します
  • CryoProbeユーザーに最大の利便性を提供します
  • 冷媒メインテナンスコストの低減を実現
  • 長期測定への高いフレキシビリティー
  • 400-950MHzのブルカー・バイオスピンマグネットに対応します。また、他のマグネットへのリクエストにも応じます
  • システムはCryoProbe™に付属するCryoPlatformTMを共用
  • 液化はクライオプローブが使用されていない状態でも稼働します
  • 装置付属のLN2レベルメータが残量をモニターします
Nitrogen Liquefier System
関連情報