生体分子NMRを簡単に

生体分子NMRを簡略化するように設計されたBioTopなら、ユーザーの経験レベルに応じてタスクを自動化できます。

オプションの範囲は実験の選択から処理済みのスペクトルまでにわたりますが、内製のパルスプログラム(home written pulse program)を使ったカスタマイゼーションには影響しません。

bioTopの目的は、生体分子NMRを誰にでも利用できるようにすることです。bioTopはタンパク質やDNA/RNA測定のセットアップがからむ日々の作業を自動化して、よくあるエラー発生源を取り除きます。ユーザーはいつでもTopSpinをフル機能に切り替えて、自分の作業に最も見合った自動化レベルを設定することができます。

特長

  • 使いやすいインターフェース
  • 自動化された最適化とセットアップ
  • 最大で3Dスペクトルの完全に自動化された測定(疑似3D、NUS含む)
  • Dynamics Centerを使った、緩和実験の自動解析
  • ユーザー定義の実験を登録してカスタム化可能