BioTopは利用者の実験法を「把握します」。実験法の選択に基づいて、よく使う、共有されているパラメータを最適化してその一貫性を維持します。また手元の試料に最適化したパラメータを簡単にインポートし、PDFフォーマットでパラメータを報告します。

データセットの自動解析は現在、不均一サンプリングと疑似3Dスペクトルを含む、最大で3Dスペクトルまでをサポートしています。記録済みの緩和実験には、マウスの1クリックでProtein Dynamics Centerを使った解析が得られるため、一瞬でデータの品質を評価できます。

グラフィックユーザーインターフェースがユーザー自身のパルスプログラムやパラメータセットを含める助けになります。この作業は、既存の実験の記述から始めることを選択できるためとても簡単です。実験法を既に登録済みの場合でも、ユーザー定義セクションを使って実験の名前を変更したり、ニーズに合わせてプリセットに再分類したりすることができます。

システム要件

TopSpin 3.5で実行される、三重チャンネル(H/C/N)プローブが取り付けられた液相高分解能分光器

bioTopはTopSpin 3.5(pl6+)に搭載されています。