topspin_banner.jpg
CMC-q, Absolute Quantification

絶対定量 - CMC-q

一連の試料の絶対定量を自動的に行います。

一連のサンプルの絶対定量が自動化されており、ユーザーは質量含有率や物質の相対量、純度を定義できます。これにより、創薬スクリーニングの用途において自動的に濃度を決定することが可能です。

Back
Small Molecule Structure Elucidation CMC-se™

構造解明 CMC-se

化学式とよくあるNMR実験から自動的にピーク検出を始めて、相関表に入力します。

化学式と定型的なNMR手法に始まり、自動でピークを検出して相関表に入力します。構造決定アルゴリズムがこの情報を解釈して、そのデータに一致する構造を示します。このような構造を、化学シフト予測との比較に応じてランク付けできるため、選択肢を狭めていきながら構造決定できるようにサポートします→さらに詳しく

Back
Non Uniform Sampling

不均一サンプリング

不均一サンプリング(NUS)は、完全統合されたTopSpinの取り込みと分析のプログラムです。

不均一サンプリング(NUS)によって、TopSpin 3.0の取り込みと測定が完全に統合されました。定型的な使用が可能で、またあらゆる種類のNMR実験に利用できます。自動的に生成され最適化されたNUSの希少リストによって、サンプリングパターンが定義されて分画データの取り込みへとつながります。その後、多次元分解によって消失データポイントが算出されるため、包括的データセットのフーリエ変換処理が可能です。これらはすべて自動で行われます。

NUSは、高分解能多次元NMR分光法の時間面での障壁を取り除くため、生体分子NMRでの多次元手法に特に有用です。3Dの手法では最大で4分の1まで、4Dや5Dの手法では10分の1未満まで時間の節約になります。NUSにより、タンパク質の構造決定の新手法が実現可能になりました。

2Dスペクトルによる小分子用途でも、取り込みが2分の1の時間に迅速化されたことによる利点があります。中でも、全体の取り込み時間を延長させない、NUSによるスペクトル分解能と品質の向上は大きな利点です。

TopSpinでのNUS実装は、Orekhov教授らとの連携研究の成果です。TopSpin 3.0でのNUSは、NUS-SamplerやMDDNMRなどの実証済みアルゴリズムやプログラムの恩恵を受けています(Orekhov, V.Y., I. Ibraghimov, and M. Billeter, J. Biomol. NMR, 2003. 27(2):p. 165-173)

Back
Dynamics-Center Banner

Dynamics Center

新しいDynamics Centerは、タンパク質データの評価を最大限効率的にするメソッド志向のワークフローです。

新しいDynamics Centerは、タンパク質データの評価効率を最大化する、メソッド指向のワークフローで、ユーザーはT1、T2、Rexなどの関連するあらゆる動的パラメータを、最小限の操作で把握できます。この新しい機能は、大きなバイオ分子の動態研究向けに開発されました。
 

Back