CryoFIT-banner.jpg

CryoFIT

CryoProbe フロー切り替えシステム

弊社の CryoProbe 製品群に多様性を加えるために、チューブ ベース CryoProbe のフロースルー CryoProbe への変換を可能にする CryoFIT™ アクセサリを提供しています。

切り替え作業には約 15 分を要し、磁石を付け、冷却した状態で CryoProbe の切り替えを行います。CryoFIT のデザインは、充填率の減少を防止し、したがって S/N 比を最大化するために最適化されています。さまざまなセルとキャピラリー サイズが用意されています。あらゆる CryoProbe に CryoFIT を追加することで、卓越した感度を持った多用途システムになり、チューブに入ったサンプルで運転するか、LC アプリケーションまたは FI アプリケーション用のフロー モードで運転することができます。
 

CryoFIT には以下の利点があります:

  • チューブ運転またはフロー運転のいずれでも、性能低下がありません。
  • チューブからフローへの切り替え、そしてその逆を、数分で素早く行います。
  • CryoProbe が磁石の中で冷却された状態のままで、CryoFIT を挿入できます。ウォームアップ/クールダウンのための停止時間は必要ありません!
  • CryoFIT は、300 ~ 900 MHz の 5 mm 標準 CryoProbe に利用でき、ATMA と互換性があります。
  • すべてのサンプル チェンジャー (BACS、SampleJet および NMR ケース) に、CryoFIT を使用できます。
  • フローセルは、30、60、および 120 μL のアクティブ NMR ボリュームに使用できます。