micro-crp_Banner.jpg

微量試料測定用三重共鳴マイクロプローブ

プロトン観測に最適化された三重共鳴‘インバース‘プローブは独立したRFチャンネル(+ロックチャンネル)を持ち13C、15N等多核種の同時デカップリングを可能にします

ブルカーバイオスピンの1.7mm TCI MicroCryoProbe™は他に類を見ない試料感度を持った、

市販されている究極のツールと言えます。プローブは1H観測で最高感度を示し、カーボンチャンネルでも性能アップが達成されています。

この極端な感度ジャンプが1.7 mm MicroCryoProbeを極微量サンプルのNMR解析、例えば、天然物単離した低存在量のタンパク質やペプチド、small molecules、発現の困難なタンパク質、などで強力なNMRツールとなっています。

 

殆どの実サンプルは微量でこのプローブが困難な問題解決への解析スペクトルを得る唯一の手段となっています。天然物化学では多くの場合、マイクログラム以下のサンプル量しか得られず、また、生体試料では発現の歩留まりが低く、数千の化合物スクリーニングでは必要量を低減させる事で、1.7 mm TCI MicroCryoProbeはこれらの応用分野で数多く貢献しています。