QCI-F-CRP_Banner.jpg

フッ素観測およびバイオNMR用の多才な四重共鳴クライオプローブ

新型のプロトン、フッ素の観測に最適化された四重共鳴のNMR“インバース”プローブ

応用例

三重共鳴実験HCN, HFC, HFN 
三重共鳴実験2HディカップリングをしながらのHCN
四重共鳴実験HFCN

新型プロトン、フッ素核に最適化された四重共鳴NMR‘インバース‘プローブは汎用性に優れ、独立した高周波4チャンネル(+ロックチャンネル)を持ち、19F{1H}、1H{19F}の実験や多核種の同時デカップリング、13C 19F 15Nをプローブ交換なしに行うことができます。

新型QCI HFC 四重共鳴プローブはバイオへのNMR応用を対象にし、フッ素核利用のNMRスクリーニング(3-FABSFAXS)にも利用されています。ブルカークライオファミリーで最も新しいこのプローブは最も重要な3核、1H19F13Cの感度向上を設計の主眼に置いています。現行の三重共鳴スクライオプローブ(TCI)と同等の感度を持ちながら19F観測とデカップリング機能を持った19F専用のプローブです。2Hデカップリングを含む3重共鳴の応用範囲はダブル、トリプル・ラベリングされたバイオNMRサンプルから19F{1H}スクリーニング、低分子の同定と構造検証と多彩です。このプローブは塩濃度の高いサンプルから最良の結果を得るためのシェイプドチューブにも対応しています。

最近のRNAに関する幾つかの発見はプローブの発表が最新のNMR研究に対して非常にタイムリーであった事を示しています。極低温下に保たれた重水素プリアンプはロックチャンネルの高感度化をもたらし、結果として最高の安定性を分光計にもたらします。この事は数%の重水化溶媒での測定を可能とします。更にQCIクライオプローブは極低温下の1H13Cプリアンプを装備しています。このプローブは塩濃度の高いサンプルから最良の結果を得るためのシェイプドチューブにも対応しています。