Flowprobe_banner.jpg

多様な高分解能フローNMRプローブ

クロマトグラフ用LCプローブと高いサンプルスループットに最適なFIプローブ(フローインジェクション)

ブルカーは多様なフロー用高分解能NMRプローブを開発してきました:

  • LCプローブのフローセルサイズはクロマトグラフピークに合わせて最適化されており、サンプル転送によるバンドブロードニングを最小に抑えています。
  • FIプローブは高いサンプルスループット用に最適化されています

これら2種類のフロープローブは内蔵のNMRフローセル(検出部)を有し以下の利点を持ちます:

  • RFコイルと固定フローセルの形状が、通常プローブに比べフィリングファクターを改善しより高いNMR感度を示します
  • サンプル溶液のみが入れ替わるため、シミングなどの調整作業は最小か不要となります
  • サンプル管を使わず高価なサンプル管の使用と前処理が不要となります

クロマトグラフやリキッドハンドラーなどへのシームレスなリンクがNMRプローブへサンプルの直接注入を可能とし、以下の利点を提供します:

  • 前処理を最小としサンプルの混入物や分解の危険性を低減します 

  • ハイスピードで高レベルなオートメーションを前処理からNMR測定に至るまで可能とします

  • プローブ交換のみで通常測定との測定モード切替が可能、僅か数分の作業です