Pci 1154x400

前臨床磁気共鳴イメージング

生物学的に関連する小動物モデルは、ヒトの身体機能や機能不全の原理を考察するための重要な手段となっています。所定の実験条件下で、異なる生理学的条件又は環境条件や病態に対応する、全身、臓器、組織、細胞や分子レベルの変化を観察することでその理解は大きく深まりつつあります。

また、In vivoによる評価では長期にわたるデータ収集はできませんが、動物を犠牲にする必要がありません。磁気共鳴画像(MRI)のようなIn vivoイメージングモダリティーは、このような研究分野を大幅に進歩させています。

MRIは、有害な放射線を使用せずに高度な空間分解能を有した、動物モデルの評価に対する極めて魅力的なイメージングオプションです。また、非常に良好なコントラストで正常組織と病理組織を識別することができ、解剖学的情報の提供に加え、例えば流量の定量化、組織の拡散と灌流、血中酸素濃度の変化などを用いた機能評価が可能です。構造的MRI、機能的MRIともに、動物を用いた非侵襲的研究に非常に有益です。

ブルカーの小動物用前臨床MRIシステム及び分子MRI研究は、高度な空間分解能と時間分解能を用いた生体画像を提供します。BioSpecシリーズは最先端のMRI CryoProbeTM感度増強技術と実績のある超高磁場テクノロジーとを融合しました。

既存システムのアップグレード
ブルカーでは、現在ご利用のシステムを常に最新の状態でお使いいただけるよう、便利で効果的なアップグレードプログラムをご用意しています。皆様にとって最適なソリューションを体験してみてください。