PharmaScan.jpg

BioSpec 3T - 液体低温剤不要の優れたマシン

小型で設置の簡単な多目的前臨床MRIとMRSシステムの可能性が、3テスラの並進磁場を用いるBioSpec 3Tによって拡がります。

BioSpec 3Tは、汎用設計であるため、前臨床分野の用途の広範なスペクトルに対応しています。一例として、オンコロジー、構造・機能神経画像、造影剤の開発、幹細胞研究、虚血、心臓病、代謝研究が挙げられます。低温剤の要らない優れたデザインにより、液体ヘリウムが不要になりました。また、低温磁石には、冷却のための中断後に数分で急冷するという制約がありましたが、その点を完全に克服しました。

マウスやラットの研究に設計されたBioSpec 3Tは、最新のブルカーMRI技術とソフトウェアアプリケーションパッケージ、多モードのオプションで構成されています。貴研究室の研究領域を拡げられるよう、BioSpec 3Tは、PETなどの他の画像モダリティと完全な互換性が確保されています。

主な利点

  • 4時間に及ぶ停電中も磁力を留める低温剤不要の優れた磁石
  • 液体ヘリウムや液体窒素の充填不要
  • サービス(修理)、ホットライン、研修コース(アプリケーションとプログラミング)、オンサイトトレーニングを含む包括的なサポート
  • 有効性評価済みですぐに使えるマウス・ラット向けin vivoプロトコルやスキャンプログラムを100以上ご用意
  • 簡略化された精巧なワークフローのタッチスクリーン操作等、電動の動物取り扱いシステムにより、動物の正確な位置決めが可能
  • 多ステージの自動式全身撮像
  • コンパクトであり小規模のラボにもフィット
  • ファラデー箱不要の自己遮蔽システム
  • 急冷ライン不要

主な特長

  • 180mmもある磁石ボアにより、動物実験の使い勝手が向上
  • 自由RFコイルのアクセスは同クラス最高の82 mmであり、かなり大きなラットにも対応
  • MRI „„CryoProbeTM併用でin vivoのS/N比を3倍以上に増強
  • マウスとラット用の充実のRFコイルポートフォリオが、頭部、脳、心臓、全身、x核種、多目的用途等に対応
  • 合理的なワークフローのための、他のモダリティを統合したParaVision®前臨床ユーザーインターフェースを完全装備
  • 最新のPETモジュールにアップグレード可能
  • IntraGate法に基づくナビゲーターを使ったワイヤレスの心臓画像を含め、1,000シーケンス以上のバリエーションがあるMRIシーケンスポートフォリオ。デカルト座標測定、放射測定か、あるいはUTEやZTEなどの短時間のエコー画像測定を選択可能
  • 確かな設計の磁石により50 mm DSVの均一性において同クラス最高の±0.1 ppmを実現
  • 傾斜直線性で±3.5%(DSV 50 mm)、傾斜磁場強度で最大900 mT/mの、明瞭で分解能の高い画像
  • 最大で6倍という強力なシム装置(例: XZ、YZについて3750 Hz/cm2)が分光器とMRIの最適なパフォーマンスを保証
  • 主要な構成要素(ソフトウェア、磁石、グラジエント、分光器、RFコイル)のすべてを自社開発・製造しているため、高い性能を備えながらも、修理に長時間を要さない