MRIクライオプローブ

小動物のin vivoイメージングで最高の感度を実現

冷媒冷却型のRFコイル設計により、ルーチンMRIのアプリケーションで使用する標準的な室温RFコイルと比べて、in-vivo の感度が2.5~5.3倍向上しています。

感度が向上することで小動物の解剖/機能面の微視的異常をin vivo で検出し、疾病の早期診断に直接関係する極めて重要な情報が得られます。