mq_one_Banner.jpg

TD-NMR法なら全脂質・水分量を簡単な校正で迅速に求めることができます

TD-NMRを用いた全脂肪・水分の分析は、粉砕していないサンプルを空の試験管に入れて、サンプルの重量を測って、サンプル管を装置に挿入するだけの非常に簡単な操作です。数秒後には、正確で信頼性の高い全脂肪・水分の値が表示されます。

この標準的な手法は、食品・飼料・種子から、医薬品の粉末や錠剤、硫黄やポリマーを始めとした化学物質など、幅広いサンプルに適用できます。

食品分野では、ミルクやベーキングパウダーと同様、まずチョコレートを挙げるべきでしょう。しかしこのNMRメソッドは、チップ状のものやその他の不均質 なサンプルにも適用できます。NMRシステムは、サンプルの表面だけでなく内部のどこでも、存在する全ての水素核を測定します。そのような全てのサンプル の中にある水分は、ある許容量を超えてはいけません。たとえば、水分はサンプル中で結合水として存在しているべきです。水分が高いサンプルでは、別の NMRシーケンスと別のデータ解析手法(多変量解析)を適用する必要があります。