Banner_minispec_mq-one_sfc-analyzer_527x245.png

ASTMに準拠した燃料の品質管理

minispec mq-one水素アナライザーはジェット燃料、ディーゼルオイルの品質管理向けにユニークなソリューションを提供します。mq-oneは正確な水素含有量を計測し、手法はASTM公定法ASTM D 7171に準拠しています。

ASTM D 7171は炭化水素中のトータル水素量の決定を規定しています、例えば、航空燃料、蒸留液、ガスオイル混合物、残油、等。堅果の殻は水素量が多いほど良質な燃料となります。

 

キャリブレーション:容易で速くそしてユニーク

minispecを用いた水素含有率の校正は通常、比較サンプルを用いて設定します。使われる比較サンプルは比較測定法(例、質量分析計)で水素含有値が既知の製品サンプルか純粋な炭化水素が使われます。純粋な炭化水素が使われる場合は、水素含有値は分子式に従って計算されます。

水素含有量のコントロールは重要です

 原油の精油プロセスには分別、クラッキング、水素化のステップがあり、プロセス中の水素含有量は変わります。主たる精油に於けるコスト問題は水素消費です。解析されたパーセント水素量は精油プロセスの重要な指標となり、最終過程の水素含有量はジェット燃料の仕様に適合するかどうか判断値となります。

 

minispec パルスNMRをCW-NMRと比較して

水素含有量の決定は既にASTM法、ASTM D 3701-87、D 4808-88で規定されていましたが、2005年以来、より簡便で精度の高いパルスNMR法、ASTM D 7171にて置き換えられました。

 

旧測定法はCW-NMR法を規定しておりましたが、パルスNMR法が性能に優れ、完全に旧測定法を置き換える手法と認証されています。minispec mq-oneは最新のパルスNMR技術を持つシステムです。下記はCW-NMRからminispec mq-oneへ置き換えるメリットです:

・システムは高速、高感度、より高精度の解析を提供

・mq-oneは近代的で直ぐに使用でき、サポートも万全なシステム

・NMR法は異なった応用分野にも利用できます、例えば、ワックスと溶液の間の区別ができます。

水素含有量のコントロールは重要です

 原油の精油プロセスには分別、クラッキング、水素化のステップがあり、プロセス中の水素含有量は変わります。主たる精油に於けるコスト問題は水素消費です。解析されたパーセント水素量は精油プロセスの重要な指標となり、最終過程の水素含有量はジェット燃料の仕様に適合するかどうか判断値となります。