minispec.jpg

造影剤研究開発

Bruker 造影剤分析装置の minispec ファミリーは、MRI 造影剤として知られる医薬品の特徴付けとバリデーションで重要な役割を果たします。この薬剤は、識別が困難な組織間、特に中枢神経系、肝臓、消化系、リンパ系、胸部、心臓血管系および肺の軟組織中の磁気共鳴画像のコントラストを強めるために使用されます。

成功を収める造影剤の設計では、相反する医薬品と MRI の特性がすぐに満たされる必要があります。つまり、Mn2+ や Gd3+ のような金属イオンは非常に良好なコントラスト強調を生じることができますが、「無防備」のイオンは毒性があるため、それらをキレート化する必要があります。可能性のある造影剤の有効性は、NMR (核磁気共鳴) 緩和解析、特に NMR スピン - スピン緩和時間 (それぞれ、T1 と T2 の時定数で表される) で評価されます。

臨床用 MRI システムには確かに NMR 緩和測定の能力がありますが、このタスクに最も効果的な機器ではありません。Bruker の造影剤分析装置の minispec ファミリーは、わずかな費用とスペース要件で臨床用 MRI システムの合わせることができるため、磁場強度 完璧なソリューションを提供します。この機器は、素早い設定と、収集、データ処理、レポート機能を始動するシンプルな 1 つのボタン操作による性能の利点を提供するため、多くの研究者がルーチン分析に minispec の使用を選択してきました。

Bruker は、造影剤研究専用の卓上 60 HMz および 40 MHz システムの唯一のベンダーです。7.5 MHz ~ 60 MHz で入手可能な Bruker の幅広い種類の磁石システムと、サンプル温度制御システムのようなさらなるアクセサリによって、指定された造影剤の完全な特性評価はほんのあと一歩です。

関連情報