seeds_single_multiple_sml.jpg

ヒマワリなど大きな種子の油分・水分の信頼性の高い分析

ヒマワリやヒマ種子(castor seeds)にthe minispec mq7.5を使用するのはなぜでしょう。それは、収穫した種子を代表したサンプリングをするためです。ヒマワリやヒマ種子は非常に不均一なため、代表した サンプリングをするためには大きな体積を必要とします。

mq7.5ラージ・シード・アナライザーは、大きな体積でありながら、高い周波数で測定します。周波数が いほど、SN比と精度は向上しますので、言い換えれば、測定時間がより短くなります。

容易な公定法

the minispec mq7.5ラージ・シード・アナライザーは、大きな種子やナッツの油分と水分を正確に同時測定できる最適な手法です。米国GIPSAの公定法に完全準拠しています。

種子の育種のための解決法をお探しですか?

種子の育種に関する研究開発では、大きな体積のサンプル管を用います。サンプルは種子一粒でもできます。

the minispec mq20またはmq40が最適な解決法です。後者の場合、サンプルの体積は1ml以下です。このように、40MHzと非常に高い周波数を用いることで最良のSN比をを実現し、一粒の種子の測定に最適なシステムです。