mpi-product-banner

前臨床磁気粒子イメージング(MPI)スキャナー

MPIでは、ミリ秒単位の3次元画像を取得することが出来るため、in vivoリアルタイム3Dイメージングが行えます。

MPIとは、血流に投与した酸化鉄ナノ粒子の磁気特性を利用し3D画像を作成する断層撮影技術です。この新技術はフィリップス社が開発し、その後2005年にネイチャー誌で初めて紹介され、生体画像の新時代に向けて新たな可能性をもたらしました。
今、ブルカー社は、知の境界線を広げようとする情熱と技術革新の専門性を融合し、これまで実現できなかった画像診断領域の新たな可能性を切り拓きました。

PETの1000倍の速さ
MPIでは、最大で毎秒46ボリュームの3D撮像が行え、PETと同等以上の空間分解能で生物学的過程のリアルタイムイメージングが可能となります。


動物体内透過性100%
MPIでは25 kHzのラジオ波を用いて、投与した酸化鉄ナノ粒子の3D分布を測定します。このMPI信号は動物体内のあらゆる深度から簡単に検出することができ、関心領域を自由自在に選択できます。


完璧な使いやすさ

ブルカーMPIシステムはParaVision® 6を搭載し、マルチモーダルベッドに対応。ブルカーMRI、PET、CTシステムとの間で動物をシームレスに移動させることができます。


想像を超えた時間分解能

ミリ秒オーダーの高い時間分解能は、医療や工業研究分野に全く新しいアプリケーションを提供し、時間分解能が鍵となる先進の患者ケアを実現します。

毎秒46フレームの撮影で、リアルタイム3D磁気粒子イメージング(3D MPI)が実現しました。

トレーニングビデオの視聴、学術文献の閲覧、ブルカー社とフィリップス社とのコラボレーションに関する詳細情報はMPI hubをご覧ください。

技術提携による進化

ブルカー社の分析用磁気共鳴装置におけるトップクラスの専門知識と、医用画像分野で独自の強みを持つフィリップス社の前臨床磁気共鳴イメージング(MRI)の融合という斬新なコラボレーションからMPIシステムは生まれました。
MPIは、臓器や細胞、分子レベルの疾病過程に新たな知見をもたらす、極めて大きな可能性を持った全く新しい前臨床イメージング技術です。MRI、ポジトロン断層撮影法(PET)、単一光子放射形コンピュータ断層撮影法(SPECT)、マイクロCTなどを含む広範な前臨床イメージング製品群に、この新しいMPIシステムを加えることで、ブルカー社のポートフォリオはさらに充実したものとなりました。

特徴

  • 強力なドライブ、選択、フォーカス磁場技術、ParaVision®によるデータ取得、DICOM規格インポート/エクスポート機能による画像処理プラットフォーム
  • フル3Dイメージングおよび分割イメージングが可能
  • ParaVision®を介したボーラス投与の管理
  • ブルカーマルチモダリティ動物管理システム
  • 12 cmのフリーアクセスボアによりマウス、ラット、モルモットやウサギのイメージングが可能
  • ブルカーAVANCE™ III / MPIテクノロジー
  • 推奨形態リファレンス:デスクトップMRI ICON™
Temporal Evolution of MPI Signal Intensity
Temporal evolution of the MPI signal within the field of view during a rat heart bolus injection measurement. The inflow of the contrast agentinto the field of view around the heart is seen approximately 2 seconds after the start of injection.
The ParaVision 6 Interface for MPI Measurements
4,000 repetitions in less than 90 seconds.

Visit our MPI hub to watch informative videos, read scientific literature and learn more about the collaboration between Bruker and Philips.