mpi-product-banner

前臨床磁気粒子イメージング(MPI)スキャナー

MPIでは、ミリ秒単位の3次元画像を取得することが出来るため、in vivoリアルタイム3Dイメージングが行えます。

MPIとは、血流に投与した酸化鉄ナノ粒子の磁気特性を利用し3D画像を作成する断層撮影技術です。この新技術はフィリップス社が開発し、その後2005年にネイチャー誌で初めて紹介され、生体画像の新時代に向けて新たな可能性をもたらしました。

今、ブルカー社は、知の境界線を広げようとする情熱と技術革新の専門性を融合し、これまで実現できなかった画像診断領域の新たな可能性を切り拓きました。

PETの1000倍の速さ
MPIでは、最大で毎秒46ボリュームの3D撮像が行え、PETと同等以上の空間分解能で生物学的過程のリアルタイムイメージングが可能となります。

動物体内透過性100%
MPIでは25 kHzのラジオ波を用いて、投与した酸化鉄ナノ粒子の3D分布を測定します。このMPI信号は動物体内のあらゆる深度から簡単に検出することができ、関心領域を自由自在に選択できます。

完璧な使いやすさ
ブルカーMPIシステムはParaVision® 6を搭載し、マルチモーダルベッドに対応。ブルカーMRI、PET、CTシステムとの間で動物をシームレスに移動させることができます。

想像を超えた時間分解能
ミリ秒オーダーの高い時間分解能は、医療や工業研究分野に全く新しいアプリケーションを提供し、時間分解能が鍵となる先進の患者ケアを実現します。

毎秒46フレームの撮影で、リアルタイム3D磁気粒子イメージング(3D MPI)が実現しました。

トレーニングビデオの視聴、学術文献の閲覧、ブルカー社とフィリップス社とのコラボレーションに関する詳細情報はMPI hubをご覧ください。