Albira si banner2

真のトリモダル、前臨床 PET SPECT CTシステム

Albira Siがさらに強力かつ柔軟で、使いやすくなりました。期待を上回る進化で、研究を新たなステップへと前進させます。

Albira Siはイメージングと定量において全視野精度(FFA)を提供する、市販品で初めてSiPM(シリコン光電子増倍管)を搭載したPETです。

SPECTCTをシームレスに統合した高性能でパワフルなAlbira Siは、分子イメージング技術に期待される基準を一新します。

真のマルチモダル、高度な柔軟性

  • 完全に遮蔽されたコンパクトな装置にPET、SPECT、CTをシームレスに統合
  • 単独または複数同時の動物実験における均一な分解能と定量精度
  • 心臓/肺の正確なデュアルPET/SPECT同期イメージング
  • 生産性を最適化する各種の動物ベッドとモニタリング用アクセサリー
  • 電動動物ハンドリングシステムを用いた動物の正確なポジショニングを可能にする画像の自動共同登録

ローザンヌ大学病院のJohn Prior教授のチームは、Albira PET/SPECT/CTを研究に活用しています

全視野精度(Full Field Accuracy:FFA)

全視野内の3方向全てにおいて、優れた定量精度で、真に均一な1㎜以下のPET空間分解能を提供します。この定量精度は、SiPMテクノロジーを用い、10層以上のピクセル型結晶検出器と同等の真のDOI(depth of interaction)三次元精度を達成する他に類のない連続結晶検出器によって実現しました。

システム仕様

  • イメージングモダリティ:PET, SPECT, CT
  • 中核技術:行・列の読み出しを行う特許取得済みの連続結晶検出器+独自開発のエレクトロニクス + HR 3D DOI
  • ユニットサイズ:1台分のコンパクトな設置面積
  • 遮蔽:完全遮蔽
  • 重量:800 kg
  • ボアサイズ:105

動物のモニタリングと制御

  • 麻酔:完全統合型。多くの一般的な市販ガスシステムに対応
  • 動物ハンドリングシステム:信頼性が高く簡便なラット、マウス用ベッド;BRUKER MRと完全な互換性
  • バイタル:ECG、呼吸、体温、血圧
  • 温度制御システム:ラット、マウス用の電熱式マット
  • ビデオモニタリング機能:リアルタイムカメラ
  • ゲート撮像:心臓および呼吸(PET、SPECT);デュアルゲート(PET)

ソフトウェアとワークステーション

  • 完全に統合されたAlbira:ACQUIRER:撮像、RECONSTRUCTOR:画像再構成、MANAGER:試験・プロトコール管理、SUPERVISOR:品質管理
  • 画像解析ソフトウェア:PMOD(搭載モジュール PBAS、PFUS、PKIN)
  • 3Dレンダリングソフトウェア:VOLVIEW(+PMOD)
  • ワークステーション:専用サーバー;全機能を単一システムにて提供
  • 再構成:GPUベース、4 GPUまで拡張可能(PET);CPUベース(SPECT、CT)
  • データ保存容量:3×4TB RAID 5構成;同じワークステーション上でアップグレード可能

in vivo試験における正確な定量のためのAlbiraの活用

世界中のどのお客様も生きた動物の動的生体プロセスの研究に先進的なイメージング技術を必要としています。疾患の進行や治療法への理解を深めるため、放射性トレーサー、骨、軟組織等の定量的3D断層撮影に、AlbiraPETSPECTCTイメージングが役立ちます。Albiraシステムは、疾患の基本的なメカニズムや新たな治療法の効果の詳細な理解を可能にします。以下は、そのアプリケーションのほんの一部です。

  • 薬物動態
  • 薬力学
  • ADME
  • タンパク質発現
  • 代謝研究
  • 遺伝子発現
  • 毒性学
  • 灌流検査
  • 細胞追跡
  • 受容体結合


…その他

LabScape

磁気共鳴と前臨床イメージングのサービスおよびライフサイクルサポート

ブルカーは、初回のお問い合わせから、評価、取り付けまでの購買サイクル全体を通して、最高のサポートをお客様にご提供します。また、お買い上げ機器の有効期間については LabScapeサービスコンセプト.に記載しております。

LabScapeの「保守契約」、「オンサイト・オンデマンド」、「エンハンス・ユア・ラボ」は、最新の研究室のメンテナンスおよびサービスに対する新しいアプローチを提供するように設計されています。

パンフレットのダウンロードはこちら