PET MR banner2

互いの長所を引き出すためにMRIとPETを統合

ブレークスルーとなったPET検出器と、トランスレーショナル研究に最適な MRIが、コンパクトで使いやすい1台の装置に統合されました。PET/MR 3Tは、全視野にわたって分解能が均一なPET検出器と液体冷媒不要の新型3T磁石からなり、タッチスクリーンで制御できる電動動物ベッドによって、シンプルなワークフローを実現しています。オンコロジーや機能的・解剖学的神経画像、整形外科、心臓のイメージング、脳卒中モデルなど、多様なアプリケーションに対応しています。

主な利点

  • 撮像視野全域において最高0.7mmという前例のないPET分解能(Full Field Accuracy)*
  • 優れた感度(12%)のトータルボディPET
  • 質の高いMRIデータを用いた減弱補正による確実な定量化
  • マウス・ラット用のMRI CryoProbe™ により、MRIの感度と分解能が大幅に向上
  • ParaVision® 前臨床ユーザーインターフェース、直感的なマルチモダルワークフローを採用した定評のあるMRI性能

マルチモダルシステムの特長

  • 動物の位置決めは、タッチスクリーン制御の電動動物ベッドで正確かつ容易に行うことができ、画像の自動コレジストレーションが可能
  • PMODによる画像融合や定量解析
  • スキャンと電動ベッドの連動により、>285 mmの自動全身スキャンが可能

PETの特長

  • 新しいSiPM検出器によるシャープなPET画像で、対象のサイズや位置にかかわらず、全FOV内で均一かつ再現性の高い定量が可能になりました
  • 離散層のない特許取得済み連続LYSO結晶と、位置検出型シリコン光電子増倍管、そして高度な放射線位置(DOI)検出により、ガンマ線入射位置が3次元的に精密に推定されます。これにより、PET撮像視野(FOV)の周辺部においても、分解能が低下することがありません
  • 磁場遮蔽不要: ブルカーのPET技術は、高磁場に適合しています。高磁場内でも、空間分解能とエネルギー分解能は変化しません
  • 優れた画質と高い時間分解能での動的撮像を両立させる、高い計数率と12%の検出感度

MRIの特長

  • 優れたMRI磁石技術により、停電やチラーの動作異常の際でも最大で4時間、超伝導状態を保持
  • 静磁場均一度はこのクラス最高の50 mm DSVで±0.1 ppm
  • MRIのパルスシーケンスのバリエーションは1000種類以上。ナビゲーターを使ったワイヤレス心臓イメージングIntraGateやUTEやZTE等の短エコー時間撮像など多種多様なシーケンスが搭載されています。
  • マウスやラット向けの幅広いRF-コイルラインナップ(約30種)。頭部、脳、心臓、体部のほか、多用途向けも含まれます。
  • マウス・ラット用の実証済みですぐに使える撮像プロトコルが100 以上。

PET/MR 3Tのワークフローは非常にシンプルで、オンコロジーや機能的・解剖学的神経画像、整形外科、心臓画像、脳卒中モデルなど、様々な領域でのアプリケーションに対応します。

Glioma Tumor Development in Mice

PETInsert fig 5

•Early stage mouse glioma (5000 CT-2A cells, 8 days post injection) •Earliest detection of sub-mm³ tumors with superior high-field MRI resolution and soft tissue contrast •Tumor volume extracted from MRI: ~ 0.59 mm3 •Precise definition of the ROI based on high-field MRI allows PET tumor studies at the earliest stage

Tumor Heterogeneity Imaging in Mice

PETInsert fig 4

•Mouse Xenograft model: Human ovarian tumor cells (SKOV3) were injected subcutaneously in athymic nude mice •Images were taken four weeks after engraftment •T2W-RARE and FDG PET overlays •Both MRI and PET show tumor heterogeneity

Whole body Simultaneous PET/MRI in Mice

PET MRI Sequential Whole body mouse

•Large FOV in both modalities allows for simultaneous PET/MR whole body mouse imaging •T1 weighted MRI and PET uptake were dynamically imaged for 65 min Due to the large FOV of 148 mm the biodistribution of different organs can be studied simultaneously

Neurology in Rats

PET MRI Rat Brain CortecesPET MRI Whole Body Rat

18 FDG PET dynamic imaging with focus on neurology. Total body PET imaging: The large static PET FOV enables to simultaneously assess the tracer biodistribution in the whole body enabling kinetic analysis. Top image: the high PET resolution allows for this brain detail showing predominant tracer uptake in brain cortices. Bottom image: kidney function in excreting tracer's metabolites.

18FDG Cardiac Imaging in Rats

PET Rat DynamicPET Rat Dynamic TAC

•FDG Dynamic Cardiac Imaging: TAC (Time Activity Curves) •Blood (Inferior Vena Cava) shows peak concentration during injection, diminishing afterwards •Model Tissue (Myocardium) picks up activity progressively, plateauing after 1 hr •In Vivo Dynamic PET Imaging: Blood input function and kinetic parameters of the heart allow to quantify myocardial glucose and fatty-acid metabolism in addition to blood flow (using adequate tracers)

Total Body NaF PET Imaging in Mice

PET mouse NaF

•Large FOV allows for Total Body PET imaging •The [F18]-NaF is used typical to detect bone metastasis although it can also be used imaging inflammation. High resolution across the entire FOV: The high resolution can be seen in the spine, rib cage, skull and hind paws.

LabScape

磁気共鳴と前臨床イメージングのサービスおよびライフサイクルサポート

ブルカーは、初回のお問い合わせから、評価、取り付けまでの購買サイクル全体を通して、最高のサポートをお客様にご提供します。また、お買い上げ機器の有効期間については LabScapeサービスコンセプト.に記載しております。

LabScapeの「保守契約」、「オンサイト・オンデマンド」、「エンハンス・ユア・ラボ」は、最新の研究室のメンテナンスおよびサービスに対する新しいアプローチを提供するように設計されています。

パンフレットのダウンロードはこちら