PET Inline

ワークフローとサポート

PET Inlineはシンプルなワークフローでオンコロジー、機能・解剖学的神経画像、整形外科、心臓画像、脳卒中モデルなど、様々な領域での用途に対応しています。

Brain stroke model

脳卒中モデル。左から右へ:MRI(ADCマップ)、MRI(灌流マップ)、18F FDG。 慣例的には、灌流画像と拡散画像のミスマッチ部位を虚血ペナンブラ領域として定義しています。PET FDGでは、ペナンブラ領域での代謝情報マッピングが可能となります。Anke Wouters, Antina De Boer and Robin Lemmens, Molecular Small Animal Imaging Center(MoSAIC), University hospital of Leuven, Belgiumのご厚意により転載。

Pemr inline

脳卒中モデル左から右へ:MRI(RARE)、PET/MRオーバーレイ、18F-DFG PETの画像。Dr. Uwe Himmelreich, Dr. Willy Gsel, Dr. Cindy Casteels, Molecular Small Animal Imaging Center(MoSAIC), University hospital of Leuven, Belgiumのご厚意により転載。PET/MR Inlineで撮像。

Submilimetric resolution

FOV全域および広範な放射線量範囲(下図、左から右へ:50, 200, 500, 1000 µCi)で、サブミリメートルの分解能を実現。