ハンドヘルド蛍光X線分析

Mg(マグネシウム)からU(ウラン)までのほとんどの元素が定量可能な非破壊元素分析技術

ハンドヘルド蛍光X線(XRF)分析装置は、マグネシウムからウランまで(装置の仕様によります)のほとんどの元素の定性および定量分析が可能です。

持ち運びが可能な蛍光X線分析装置は、試料をラボに持ち込むのではなく、バッテリー駆動の分析装置を試料のある所へ持っていくことを可能にします。これは、特に試料が大きかったり重かったりする場合に有用です。蛍光X線による材料識別に御興味のある方は、我々のアプリケーションチームにご連絡ください。

ハンドヘルド蛍光X線が用いられる分野やアプリケーション は非常に多岐にわたります:

TITAN Detector Shield(ディテクターシールド)

TITAN_Detector_Shield.jpg
  • XRFガンで、旋盤切粉や細素線を分析されていますか?
  • XRFガンの検出器が故障した経験はありますか?

検出器の修理は高額で、しかも修理期間中は装置が使えなくなります。

TITAN Detector Shieldはこのようなリスクを最小限に食い止めることができます!TITAN Detector Shieldについての詳細

Brukerでは、お客様の分析に関するあらゆるニーズにお応えするため、2種類のハンドヘルド製品群を用意して幅広い選択肢を提供しています。それぞれのモデルの概要は、比較表をご参照ください。

Tracer_system.jpg
Tracer III-V+ system, including vacuum pump, tripod and computer

Tracerシリーズはリサーチ用装置であり、ユーザーによる測定条件の検討作業に最大の柔軟性を持ち、キャリブレーションを作成・修正する機能をお客様にご提供するように設計されています。

TITAN_Scrap2.jpg
Sorting scrap with the S1 TITAN handheld XRF gun
  • S1 TITAN シリーズは産業用装置です。

S1 TITAN 主に産業界での使用を考慮し、金属材料の識別鉱業、その他様々なアプリケーションに特化した機能を持つ分析装置です。技術トレーニングが充分でないお客様にも簡単にご利用いただけるように設計されています。これらのシステムは個別のアプリケーションに対応した工場検量線が入力済みの状態で納入されます。