D8 VENTURE, TXS, KAPPA, single crystal X-ray diffraction

D8 VENTURE - Technical Details

New PHOTON II detector with CPAD technology

  • The largest monolithic active area of any pixel array
  • Excellent sensitivity over a wide energy range (Cu Kα to In Kα radiation)
  • Single-photon sensitivity
  • No charge sharing effects, zero counting losses
  • Air-cooled
  • 3-year warranty

 

Sealed tube X-ray sources

  • Mo or Cu radiation
  • the economical solution
  • Optional TRIUMPH for three-fold intensity

 

Microfocus TXS Rotating Anode

  • Compact Direct drive with low maintaneance
  • Pre-crystallized and pre-aligned filaments

IµS 3.0 microfocus X-ray source - tailored to the needs of crystallography

  • Mo or Cu or Ag radiation
  • Twice the intensity of conventional microfocus sources
  • Air-cooled (Watch our Air-Cooled Video)
  • 3-year warranty

 

METALJET

  • Revolutionary liquid metal X-ray source for structural biology
  • Highest X-ray intensity in-house for even smaller and more challenging samples
  • Self-regeneratingtarget with Ga-radiation for lower background scattering and radiation damage
  • Low costs of ownership and high uptime

 

Advanced safety enclosures

  • Compliant with the strictest radiation safety regulations
  • Compliant with the new machinery directive

Goniometer

  • FIXED-CHI
  • KAPPA
  • Best goniometer precision
  • Sphere of confusion of less than 7 micrometer ensures that even your smallest sample stays reliably in the center of the X-ray beam.

 

Software

  • APEX3 is the most complete suite for chemical crystallography
  • PROTEUM3 now with a data processing pipeline for structural biology

インテリジェント ゴニオメータ コントロール

3Dモデリングアシスト動作機構 

D8 QUESTD8 VENTUREに採用されているDAVINCI.DESIGN (ダビンチ.デザイン)は、革新的な3Dモデリングを利用したゴニオメータ動作機構を備えています。
これにより、回折計(ゴニオメータ)は効率的に動き、装置の性能を最大限に発揮することが可能です。
DAVINCI.DESIGNに基づくハードウェアはリアルタイム自動認識機能を持っており、ソフトウェアは常に装置の構成(多層膜ミラー光学系、コリメータ、ビームストップ等)を確認し、その妥当性をチェックしています。

各モジュール個々に搭載されたメモリーチップに格納されている情報(機能、モジュールサイズ情報、各モジュールの依存関係)をもとに、ゴニオメータが安全に動作するための計算を常に行うことで、利用者は自由に、目的に応じて、かつ安全にX線測定を行うことが可能です。

  • 各モジュールの付け外しに伴い、自動的にリアルタイムでゴニオメータ動作状況を計算
  • 最も大きなコンポーネントである2次元検出器が、光学系や試料ステージに衝突する危険性が無くなります
  • 新しい光学系モジュールを導入する際、ファームウェアのアップデートは必要ありません

安心のゴニオメータ動作

3Dモデリングによるゴニオメータ動作をご覧ください。実際のゴニオメータの動きとリンクしております。

新しいデザインコンセプト-DAVINCI.DESIGN