小角X線散乱測定 (Small Angle X-ray Scattering: SAXS)

ナノ構造解析の世界

SAXSおよび視斜角入射SAXS(GISAXS)は、1nm~0.1μmオーダーの構造を評価する強力な手法です。溶液中のポリマーやタンパク質、液晶、表面構造、粉末粒子、バルク試料、薄膜などの多種多様な材料について、ナノ粒子のサイズ、形状、その分布だけでなく、構造ダイナミクスに関する情報を得ることができます。

形成されているナノ構造を可視化する方法は、最新の解析ソフトウェアによってサポートされます。特に、光学顕微鏡ではこのスケールの情報を得ることができないため、ナノサイエンスとナノテクノロジーの重要な役割を担っています。

Small-Angle-X-ray-Scattering, SAXS, SC-XRD
Dimensions measured by Small-Angle X-ray Scattering

SAXS/GISAXSにおけるBrukerのソリューションは、新しく開発された高輝度型 マイクロフォーカス X線源や検出器を有効に活用することです。その結果、得られる構造の精度、信頼性と測定スピードの両立を達成しています。多くのナノ構造研究者は、彼らの研究を推し進める上でキーとなる「構造」と「機能」を結ぶ高品質な情報にその価値を見いだします。

 

今日の新しい産業材料および産業プロセスの最も先進的な進歩は、10-9mオーダーのナノテクノロジー(10-9m)によって支えられています。医薬品、化粧品、機能性食品、機能性高分子、インテリジェントコーティング、センサーおよび診断学などの分野は、SAXSによる莫大な評価パラメータがメリットをもたらされます。

近年、SAXSは構造生物学分野において、強力な技術として注目が集まっています。Bio-SAXSは生理学的な条件下において、溶液中のタンパク質のサイズ、立体配位、自由度を解明する優れたツールで、タンパク質結晶学(PX)、NMR、質量分析などと組み合わされます。

Brukerシステムは、これまで放射光施設でしか為し得なかったレベルのデータ品質をご提供し、Bruker社製システムをこれまで以上に魅力的なものにしました。

  • 実験室系SAXSビームラインNANOSTARシリーズは、様々なユーザーの個別のアプリケーションニーズに合わせて、最適化できます。特にX線源は、高輝度マイクロフォーカスX線源として、IµSTXS、さらに近年新たに開発されたMETALJETから選択できます。
  • 新しいN8 HORIZONは、固体ナノ材料の特性評価に理想的なシステムです。垂直に配置された革新的なビームパスにより、これまでにないフットプリントを実現しました。Kratky光学系を採用したMICROpix とMICROcaliX シリーズ は、コンパクトなデザインに、高速測定、高精度、ユーザーの利便性を極限まで高めました。MICROcaliXは、微量熱量分析とSAXSをひとつの機器に組み合わせています。特に液晶、脂質、ポリマー、プロテインゲル、医薬品などの温度に敏感な材料の特性評価用途に設計されています。
  • D8 VENTUREとNANOSTARを組み合わせたデュアルポートMETALJETシステムは、"ハイブリッド解析アプローチ"における唯一無二のソリューションです。今日の、タンパク質、細胞膜や多くの生体機能複合材料の研究における重要な成功要因である高分解能モデリングを、Bio-SAXSとタンパク質結晶学がもたらします。Brukerの多様なポートフォリオにより、実験室系で内製のソリューションをご提供します。

詳細情報は こちら までお問合せください。

関連情報