D2-PHASER-2ndGen-banner.png

石油化学産業におけるX線回折

D2PHASERを用いた頁岩 (シェール) 層の鉱物学的分析

X ray Diffraction in Petrochemical Industry Lab Report

X線回折 (XRD) による鉱物学的な定性・定量分析は、頁岩 (シェール) 層の分析に欠かせない技術です。分析によって掘削作業への知見が得られ、試掘穴を適切に設定したり、掘削流体の調整や脆性・硬度の計算、化学反応性の理解などが可能となります。

 

本レポートでは、シェール層から得られた破砕片を、可搬型XRD装置 D2 PHASERによって鉱物学的に分析した事例をご紹介いたします。