TEXTURE software banner

DIFFRAC.TEXTUREソフトウェア - 詳細

 

データ読み込みと極点図表示

  • 0D, 1D, 2D検出器にかかわらないデータ処理機能
  • 1D, 2D検出器の測定結果の表示は、シングルクリックピーク指定のみ
  • 自動バックグラウンド補正、デフォーカス補正機能
  • 極点図データの直接読み込み機能 (.txtフォーマット)

 

マテリアルデータベース

  • 230すべての空間群、格子定数、個々の原子/イオン座標Wyckoff位置による結晶構造の包括的な定義
  • CIFファイルやSTRファイルからの直接結晶構造読み込み機能

 

球面調和関数法

  • 一般化球面調和関数の級数展開による配向分布関数 (Orientation Distribution Function: ODF) 近似
  • 非完全極点図を用いたODF解析
  • 最大34の球面調和拡張ランク (実際に使用できるランクは、結晶対称性と測定した極点図の個数により変動)
  • 奇数C-係数の決定と精密化
  • 対応サンプル対称性:直方系、単斜系、繊維系、三斜系 
  • 対応結晶系:立方晶、六方晶

 

コンポーネントフィット法

  • すべての結晶系のサポート
  • 1つの結晶相に対し、複数のコンポーネントの組み合わせにより、柔軟な構造モデルの構築
  • 繊維配向または単結晶ベースのコンポーネントを採用
  • 対応プロセス対称性:三斜系、単斜系、直方系、三方系、正方系、六方系、一軸、二軸
  • 複数コンポーネントを割り当てる一致度の定義
  • 非線形最小二乗法による、すべてまたは個別のコンポーネントパラメーターの精密化
  • シングルクリックにより新しいコンポーネントの追加
  • 精密化後のコンポーネントのデータベース登録機能とドロップダウンメニューの読み出し機能
  • 精密化後のコンポーネントを用いたODF計算
  • 個別コンポーネントの3Dグラフィック表示機能:コンポーネントの3次元的な配置の理解を促進
  • 等方的多結晶成分を含むコンポーネントのパイチャート表示機能

 

自動指数付け機能

  • ワンクリックでの各極点図への指数付け機能
  • 極点図解析をサポートする異なる相間の一致度の定義

 

極点図結果描画機能

  • 任意の指数における極点図再計算機能
  • ODFの3Dグラフィック表示機能
  • Phi1, PHI, Phi2各断面定義によるODFの2Dスライス表示
  • ND, TD, RD方位別逆極点図表示機能
  • Kearns因子計算機能

 

データ出力とレポート機能

  • 編集可能な解析レポート作成機能
  • 他のWindowsアプリケーションに対応したデータ出力機能:コピー&ペースト、ビットマップ、メタファイル出力
  • 極点図とODFのテキスト形式出力

 

対応OS

  • Windows 8, 8.1, 10 (32-bit または 64-bit)