S8 TIGER, wavelength dispersive X-ray fluorescence

QUANT-EXPRESS

従来型の測定:検量線法かスタンダードレス分析の二者択一

QUANT-EXPRESS, XRF
QUANT-EXPRESS

従来の蛍光X線分析では、ルーティン測定の検量線用標準試料があり、目的元素の濃度を正確に測る方法、もしくはまったくの未知試料の場合、FP法による定性・定量的な情報を得る方法がありました。従来のシステムは、この"どちらか"しか選ぶことができませんでした。

S8 TIGERはより正確かつフレキシブルです。なぜならば、QUANT-EXPRESSを持つS8 TIGERは検量線法とFP法を組み合わせることが可能だからです。

スタンダードレス分析と検量線分析は分かれていません

QUANT-EXPRESSによる、スタンダードレス分析と検量線分析の垣根は無くなりました。ユーザーは正確さと精度の高い検量線法と、BからUまで測定する柔軟かつフレキシブルなFP法の両方の長所を組み合わせることが可能です。

QUANT-EXPRESSは数え切れない認証標準を使用して多目的な定量測定に使用することを可能としています。BRUKERの数十年に及ぶ蛍光X線分析の技術と経験をつぎ込み、新しい "integrated Analytical Intelligence" を構築しました。

QUANT-EXPRESは自動的に最適な測定条件を構築します

QUANT-EXPRESSは、ルーティン分析における可能性を強化するだけでなく、測定条件を設定する際にもユーザーを補助します。検量線を設定する際に、QUANT-EXPRESSは自動的に測定対象元素と濃度範囲から最適な測定条件を構築します- 速く、簡単かつ確実に。

高速かつ高精度分析が可能なQUANT-EXPRESSは未知の固体、液体サンプルを測定するときにその本領を発揮します。

未知試料のスクリーニング測定は2分以内で完了します。- QUANT-EXPRESSTMだけが可能です。