Service training banner 452x210

XRD ウェビナー: ウェブセミナー

ライブ&オン・デマンド

Bruker AXS主催のウェビナーにリアルタイム参加、またはオン・デマンド再生には登録が必要です。また、アーカイブには過去に実施したXRDウェビナーを閲覧いただくことができます。

XRDウェビナーのアーカイブはこちらから

Webinar Content
Mar 15, 2018,
4 - 5 pm (JST)

セメント試料のX線回折(XRD)測定 ~含まれる結晶相の特徴、各種の非晶質定量方法~
セメント粉末は、CaやSi, Al, Fe等を含む酸化物および硫酸塩, 水酸化物など、10相以上にもおよぶ結晶相から構成されます。類似する構造の化合物が存在するものもあり、経験の少ない方は定性分析(結晶相の同定)で迷うことも珍しくありません
このWebinarでは、定性分析の目安となる代表的な結晶相とその特徴を説明し、さらに非晶質を含む各相の定量解析についてもいくつかの手法をご案内いたします。
  • セメント中の結晶相:C3S、C2S、C3Aなど代表的な結晶相、および関連する特性や多形 構造について
  • 測定のポイント:自動測定機能、測定条件設定の目安、バックグランドの低減
  • 非晶質相を含む定量解析:リートベルト法、内部標準法、外部標準法、PONKCS法など

あわせて、最新の検出器などの便利な機能もご紹介させて頂きます。
録画をご覧になりたい方はこちらから
スライドのダウンロードはこちらから
Jan 30, 2018,
11 - 11:30 am CST

EIGER2 R 500K:
Not Your Typical
Jack of All Trades
Integration of EIGER2 detector technology into the D8 family of XRD solutions breaks the paradigm that "versatility comes at the cost of performance". In this 15-minute webinar, we will discuss the impact that the EIGER2 R 500K has had in the XRD community, with examples across the materials research spectrum.
録画をご覧になりたい方はこちらから

Webinar Content
Oct 26, 2017,
4 - 5 pm (JST)

先端材料評価X線回折装置 D8 DISCOVER Plusとその応用事例
高まる先端材料評価のニーズに対応するため、Bruker AXSではJASIS 2017で新たなXRDプラットフォーム D8 DISCOVER Plus をリリースいたしました。本ウェブセミナーでは、D8 DISCOVER Plusの特長と、各XRD測定へのメリットをご紹介いたします。併せて、いくつかのサンプルにおける測定事例をご紹介いたします。
主な内容
  • XRDの原理
  • D8 DISCOVER Plusの特長
    ATLASゴニオメーター
    高効率X線源 TXS-HE
    新世代多次元検出器 EIGER2 R 500K
    超高エネルギー分解能検出器 LYNXEYE XE-T
  • 測定事例:粉末XRD、薄膜XRD、残留応力解析
録画をご覧になりたい方はこちらから
Sep 14, 2017,
4 - 5 pm (JST)

リートベルト解析の勘所(前編)
~測定・解析前の準備から基本的なパラメーター制御まで~
リートベルト解析は、プロファイルフィッティング法の一つで、多結晶体(粉末)の状態で、格子定数,結晶子サイズ・歪,原子座標およびサイト固溶率などの結晶構造が精密化できます。歴史的には超電導材料の研究が盛んであった1990年代後半から、様々な研究者達によって精力的にアルゴリズム等の開発が行われ発展してきました。それから20年近くが経過し、現在では、工業の品質管理などにも使用されるほど波及しています。しかしながら、リートベルト解析を正しく学ぶ場は限られている上に、教科書を読んでも専門性が強すぎて、なかなか理解できないという声も少なくありません。本WEBINARでは、リートベルト解析を測定・解析前の準備から基本的なパラメーター制御までを体系的に理解できること目的としています。
録画をご覧になりたい方はこちらから
Jun 22, 2017,
4 - 5 pm (JST)

粉末&バルクのX線回折(XRD)測定の基礎 ~試料の調製から、測定・解析まで~
近年、XRD装置は高性能化や小型化が進み、幅広い分野で使用されています。一方、それにともなって初めてXRDを使用される方も増えており、条件の設定などで迷われることもあるかと思います。このWebinarでは、粉末やバルク試料の測定を対象に、下記のようなポイントを基礎からご説明いたします。

  • 試料調製:粉末の粉砕、試料ホルダーへの詰め方
  • 測定:データ点数および積算時間の設定、バックグランドの低減
  • 解析:結晶相の同定(定性分析)など

あわせて、最新の装置・ソフトウェアの便利な機能もご紹介させて頂きます。
録画をご覧になりたい方はこちらから
スライドのダウンロードはこちらから
Apr 27, 2017

最新鋭!外部冷却水を使わない新しいXRD装置とその応用事例
一時期と比較して、XRDに用いる外部冷却水は取り扱いが簡便になりました。その一方で、漏水対策や冷媒の取り扱いなどが必要である点は否めません。Bruker AXSではXRD装置開発において、消費電力や外部付帯設備の低減も重要なテーマと位置づけています。本ウェブセミナーでは、XRD分析に必要な冷却水の概略を示した後、卓上型、汎用型、微小部測定型に代表されるBruker AXSのXRD装置における特徴をご紹介いたします。併せて、それらのXRD装置を用いた新しい応用事例をご紹介いたします。
録画をご覧になりたい方はこちらから