September 4, 2019

Bruker、新しいD8 DISCOVER PlusTM 新世代ソリューションを実現するX線回折装置 (XRD) プラットフォームを発表

MONTEL Plus TM 光学系とNon-Coplanarアームを搭載したD8 DISCOVER Plus TM

MONTEL Plus TM 光学系とNon-Coplanarアームを搭載したD8 DISCOVER Plus TM

2019年9月4日、千葉 幕張メッセ– Brukerは、日本の最先端科学・分析システム&ソリューション展であるJASIS(Japan Analytical & Scientific Instruments Show)にて、新設計のMONTEL PlusTM X線光学系とNon-Coplanarアームを搭載した、新しいD8 DISCOVER PlusTM X線回折 (XRD)プラットフォームを発表いたしました。

新しいNon-Coplanarアームにより、 D8 DISCOVER Plusは、過去にない優れた精度と使い易さを両立したIn-Plane回折測定を実現します。ATLASTMゴニオメーターに新しく実装された特許技術Automated Torque ControlTMとの組み合わせで、 Non-CoplanarアームはIn-Plane回折の新しいベンチマークとなります。極薄膜のIn-Plane回折には、BrukerオリジナルのIμSTMX線源と新しいMONTEL Plus光学系の組み合わせにより形成される、高輝度・高平行度X線ビームが成功の鍵となります。Non-CoplanarアームMONTEL Plus光学系を搭載したD8 DISCOVER Plusなら、 測定強度を最大1桁増加させることが可能で、構造特性に関する新たな知見を得るための信頼性の高いデータが得られます。

D8 DISCOVER Plusは、世界最高のエネルギー分解能を有する1次元半導体検出器LYNXEYE XE-Tや、新世代マルチモードHybrid Photon Counting(HPC)検出器EIGER2 R 500Kなどの最新のX線検出技術も搭載しています。どちらの検出器も材料研究の様々な分類タスクに比類のない機能を提供します。

また、D8 DISCOVER Plusは、D8 シリーズの各種光学系コンポーネントとの互換性があります。リアルタイムコンポーネント認識をおこなうDIFFRAC.DAVINCIと、工具や交換後のアライメントを不要にする脱着機構であるDIFFRAC.SNAP-LOCKを備えています。

BrukerのXRD薄膜ソリューションのプロダクトマネージャーである、Dr. Martin Zimmermannは、以下のように述べています。“今回、MONTEL Plus光学系とNon-Coplanarアームを搭載した新しいD8 DISCOVER Plus X線回折プラットフォームを発表したことで、BrukerはXRD装置の新しい標準を再定義しました。D8 DISCOVER Plusは、製薬分野における微量粉末から薄膜デバイスの結晶構造解析にいたる、あらゆる種類の材料に対応し、構造解析が必要とされる幅広いアプリケーションに対し、高精度の結果を提供するように設計されています。“

D8 DISCOVER Plusについて詳しくは以下をご覧ください。 www.Bruker.com/D8DISCOVERplus

Bruker Corporationについて

Brukerは、科学者が画期的な発見をし、人類の生活の質を向上させるための新しいアプリケーションを開発することを可能にしてきました。Brukerの高性能な科学機器及び高価値な分析および診断ソリューションにより、科学者は分子レベル、細胞レベルおよび微視的レベルで生命と物質を探索することができるようになりました。お客様との緊密な協力により、ライフサイエンス分子研究、応用および製薬アプリケーション、顕微鏡検査、ナノ分析、工業向けアプリケーション、細胞生物学、臨床前イメージング、臨床フェノミクスおよびプロテオミクス、臨床微生物学、および分子病理学の研究において生産性とお客様の成功を実現するために革新しています。

Media Contact:
Heiko Ress, Ph.D.
Director Marketing Communications
Bruker AXS Division
T: +49 (173) 544–9914
E: heiko.ress@bruker.com