TD NMR Easy and rapid QuantitationQualification using TD NMR

TD-NMRによるお手軽、迅速な定量/定性分析!

-食品中の水・油・エマルジョンの評価から高分子材料の物性評価までー  TD-NMRはプロトン(あるいはフッ素)の緩和時間を観測する核磁気共鳴装置です。緩和時間は分子の運動性に起因しており、そこから物性評価を行うことが可能です。TD-NMRは高分解能NMRのように重溶媒を用いることなく、試料をそのまま測定可能です。WebinarではTD-NMRの簡単な原理から食品中の水・油・エマルジョンの評価および高分子材料の物性評価の例を紹介いたします。
This webinar took place on October 16th 2018

Register to download slides & media

内容

ブルカー社製時間領域核磁気共鳴装置(TD-NMR)は世界中の企業、研究室に採用され、最先端の材料、食品開発、品質管理に役立っています。TD-NMRは高分解能NMRのように重溶媒を用いることなく、試料をそのまま測定可能です。また測定時間も短く解析も簡単に行えるため、どなたでもすぐ活用することが可能です。このWebinarでは、TD-NMRの簡単な原理から食品中の水・油の定量方法、エマルジョンの評価、粒径分布の観測例を紹介いたします。また、高分子、材料の物性評価や、微小粒子の分散性、濡れ性の評価などの観測例を紹介いたします。

得られる情報

本Webinarでは、TD-NMRを使った食品中の水や油の定量評価や、高分子材料などの物性評価についての解説になります。

要所となるトピックス:
1.    TD-NMRとは?
2.    TD-NMRの原理
3.    食品への応用
4.    高分子、材料への応用

対象となるお客様

  • TD-NMRに興味のある方
  • 食品の品質管理に興味のある方
  • 高分子、材料の物性評価に興味のある方

Speakers

原 英之
原 英之
バイオスピン事業部 アプリケーション部
1999年日本ブルカー(現・ブルカージャパン)入社。以来ESR及びTD-NMRのアプリケーション担当として、新規のアプリケーションの開発およびユーザのサポートに従事。グローバルESRアプリケーションチームとして高分子、材料系のESRを担当。学生時代はパルスESRによるタンパクの構造解析を行っていた。
阿部 孝政
阿部 孝政
バイオスピン事業部 営業部
2013年ブルカー・バイオスピン(現・ブルカージャパン)入社。営業部に所属し、産業・医用分野向けの磁気共鳴装置の販売を担当。学生時代にはテルぺノイド類、その後も研究機関で低分子化合物とタンパク質のNMR構造解析・相互作用解析の仕事に携わった経験・知識から、技術的なサポートもこなす。