What you will discover

縦緩和時間(T1)、横緩和時間(T2)および拡散係数に代表される分子の動的な挙動を反映する物理量を原子分解能で得られることは核磁気共鳴(NMR)法の分析手法としての大きな魅力の一つです。

Bruker BioSpinのNMRデータ解析用ソフトウェアDynamics Center(DC)は、簡便でありながら多彩なオプションをもって測定データを分析し、これらのパラメーターをわかりやすい形で抽出します。本Webinarでは、まず緩和時間と拡散係数測定方法の簡単な説明と、実際にどのように測定データをDCを使って分析していくかを解説していきます。

→ Back to Webinar page