Automation 1154x400

初めての自動測定IconNMR

ソフトウェアIconNMRはリリース以来25年の実績がある核磁気共鳴(NMR)測定専用のインターフェイスです。NMR測定は、セットアップが煩雑なイメージがありますが、Brukerでは測定の自動化を進めており、このIconNMRを使うことで、どなたでも簡単に高品質なNMRスペクトルを得ることができるようになっています。
ウェビナー開催日: 6月 17th 2020

Register to download slides & media

内容

NMRは医薬品、材料、食品の開発や品質管理など、様々な分野で活用されています。これまでNMR測定は測定時のセットアップが煩雑であり、専門家でなければ測定を容易に行うことができないというイメージもありました。しかし、BrukerのIconNMRでは初めての方でも簡単に操作ができ、測定からスペクトルの印刷までを自動で行うことができます。このWebinarではIconNMRの使い方を主に説明し、続くTopSpinでのスペクトルの確認や印刷の手続きについても紹介します。

キートピックス

  • 1次元、2次元NMRの自動測定
  • ルーチン測定
  • ソフトウェアIconNMRの使い方
  • ソフトウェアTopSpinの使い方

ご参加いただきたいお客様

  • NMRを初めて利用される方
  • 製薬企業で研究をされている方
  • 合成化学者、分析科学者の方

演者

平野 桐子
平野 桐子
バイオスピン事業部 アプリケーション部
大学在学中に糖タンパク質の合成研究を通じ、NMRやMS、LCなどの種々の分析手法に出会う。NMRは測定原理がシンプルな一方で、得られる情報量の多さや繊細さという特徴をもち、その魅力に惹きつけられ続け、現在に至る。