banner-sito.jpg

卓上型ESRの紹介 - 原理から応用例まで –

A Free Electron Paramagnetic Resonance Educational Webinar

November 7-8, 2016

→ Download the PDF of the slides

→ Watch the recording

Seminar Overview

電子スピン共鳴法(ESR)は不対電子や、自由電子を観測する分析手法です。原理は核磁気共鳴(NMR)とほぼ同じですが、核にくらべ電子の磁気モーメントは非常に大きいためにNMRと比較して感度が非常に高い分光法です。しかしながら、測定手法、検出手法はNMRとは異なり、解析方法もNMRとはかなり異なっています。本セミナーでは、まずESR法の原理をNMR法と比較しながら紹介いたします。

ESR装置は用途に応じて、小型のものから大型の装置まで様々ありますが、今回は新製品である卓上型のESR,EMX-nanoを紹介いたします。これまで研究用のESRは電磁石を用いた大型のものが一般的でした。電磁石のタイプのESRは大きく、重さも重いため専用の部屋を用意する必要があり、また200V電源、冷却水を必要とするため、専用の電源、チラーの準備も必要でした。EMX-nanoでは卓上型であり、永久磁石と電磁石のハイブリッド磁石を採用することによって、小型、100Vでありながら広い磁場掃引を可能としました。さらにESRでよくおこなわれる、光照射実験、液体窒素を用いた温度可変実験も可能であり、十分研究レベルに使用できる装置となっております。 アプリケーション分野も非常に多岐にわたっており、化学、物理、材料分野から生物、食品分野に至るまで様々なアプリケーションがあります。本セミナーではこれらの様々なアプリケーションを紹介するともに、卓上機ならではの、他の分析装置と組み合わせたアプリケーション例である、LC-ESRの紹介もいたします。この手法ではオンラインでHPLCおよびESRスペクトルを観測することが可能であり、食品や医薬品の抗酸化測定をハイスループットで行うことが可能です。小型ESRで広がるESRでのアプリケーション分野を是非ご覧ください。

→ What you will discover

 

 

Who should attend?

  • ESRの基礎を知りたい方
  • ESRのアプリケーションを知りたい方
  • 卓上型ESRでどこまでできるかを知りたい方

Presenters

Presenters jp 26october 2016

原英之(アプリケーション部)

阿部孝政(マーケティング部)

Follow us

Icon-Teaser-linkedin.jpginstagram-icon.jpg
Twittergoogleplus-icon.jpg
Icon-Teaser-Facebook.jpgIcon-Teaser-Youtube.jpg