DIFFRAC.TOPAS Online Training 2021 Spring JAPAN

DIFFRAC.TOPAS オンライントレーニング

内容

本年も、DIFFRRAC.TOPASのオンライントレーニングを開催いたします。今回は、昨年開催したTOPASトレーニング動画の再放送などとともに、質疑応答のお時間を長めにお取りして、皆様の疑問にお答えする形で開催させていただきます。当日、チャットフォームからご質問を受け付けるほか、受講登録の際に、事前にご質問をご記入いただけますので、お気軽にご質問をお寄せください。

トレーニング内容は、XRDの原理から基本的なピークフィッティング、そしてリートベルト解析による結晶相の定量まで、全3回となります。初めてXRDを使う方から、定量解析の方法をあらためて復習したい方まで、様々な方に受講頂ける内容です。

また、当日ご参加いただけない場合でも、後日録画を公開する予定です。ご登録のメールアドレス宛にご案内いたしますので、ぜひご登録くださいますよう、よろしくお願いいたします。

5月19日(水)14:00-
XRDの基礎

5月26日(水)14:00-
DIFFRAC.TOPASによる
プロファイルフィッティングの基礎

6月2日(水)14:00-
DIFFRAC.TOPASによる
リートベルト解析(基本編)

トレーニング内容詳細

  • 【5/19 XRDの基礎】
    X線回折(XRD)測定の基本的な原理およびデータの見方、光学系部品の役割、試料調製のポイントなどについて、主に粉末試料の測定を対象に説明します。
  • 【5/26 DIFFRAC.TOPASによるプロファイルフィッティングの基礎】
    結晶の構造を設定しない単純なピークフィッティング(ピーク分離)によるピークの幅や面積の評価、およびWPPD(全パターン分解)法による格子定数と結晶子サイズの評価について説明を行います。
  • 【6/2 DIFFRAC.TOPASによるリートベルト解析(基本編)※昨年開催分の再放送
    DIFFRAC.TOPASによるリートベルト解析では、各結晶相の定量値や格子定数の評価を行うことが可能です。実際に解析を行う際のパラメータ設定の指針や、手順についてご説明します。本編は昨年開催分の再放送ですが、質疑応答はライブで開催いたします。

演者

岡崎 壮平

X線事業部 アプリケーション部

・2007年3月 東京大学大学院 博士課程修了:博士(理学)
・2007年4月 東京大学大学院 新領域創成科学研究科 研究員
・2008年4月 東海旅客鉄道株式会社 研究員
・2010年11月 財団法人神奈川科学技術アカデミー 研究員
・2014年10月 ブルカー・エイエックスエス株式会社 入社
       XRDアプリケーション業務に従事 現在に至る
・2018年1月 旧ブルカーグループ会社が統合されブルカージャパンへ