研究情報管理

Arxspan Assay

Arxspan Assayは、アッセイを定義、エンドポイントの収集、処理、管理、保存できるクラウドベースのソフトウェアツールで、アッセイ開発機能だけでなく、従来型のスクリーニング(LTS)やハイスループットスクリーニング(HTS)にも最適です。

評価データ管理

エンドポイントデータの記録と分析

Arxspan_assay

ハイライト

アッセイデータの一元管理
生物学的データ
散在しがちなアッセイデータを、アッセイ プロトコル単位に整然と管理閲覧する事ができます。
データ共有
社外パートナーとの協業
社内での異なる研究テーマチームメンバー、社外パートナーに対しアッセイ毎に登録閲覧権限をユーザーもしくはユーザーの属するグループ単位で付与する事ができ、複数の研究施設に所属する研究チームの間での共同研究を可能にします。
100%ウェブベース
アウトオブボックスで利用可能なアプリケーション
カスタマイズ不要で、簡潔な管理機能でアッセイを定義管理します。
Arxspan Assay

概要

アッセイデータを一元管理

アプリケーションは同一プロジェクト、同一組織、あるいは社外を含む複数の研究施設で実施されるアッセイデータを登録、処理、管理、活用することを想定して設計されています。Arxspan Assayを使用することで、プロジェクトリーダー、研究者はそれぞれ付与された閲覧権限で研究チームから登録された試験データと進捗状況を確認することができ、適切に指導をしたり個々の研究者が協力して研究を進めることができます。
Arxspan製品は、100%ウェブベースのアプリケーションで、同一組織内のデータ管理に加えと社外パートナーとのコラボレーションソリューションとして利用できます。アッセイの定義あたりカスタムコードを必要とせず、同一アッセイでも異なるプロトコルの定義やデータ管理を簡潔な管理ツールで実施する事ができます。

特長

特長

  • セキュアなエンドポイントデータリポジトリーおよび検索プラットフォーム
  • 直感的な、ユーザーによるアッセイ設定、プレートフォーマット、データアップロードテンプレート作成機能
  • XLfit®やGraphPad Prismなどのデータ解析ツールとの互換性
  • プレートの生データ、計算値表示機能
  • 生データ値の自動計算
  • 曲線とヒートマップの生成
  • 曲線のポイントノックアウト
  • アッセイ生データをテンプレートの設定によりカスタムテーブルに整理して最適な表示が可能
  • ユーザーのアクセス制御
  • 添付ファイルのプレビュー機能
  • 全てのArxspanモジュールとシームレスに統合

利点

組織外パートナーとのコラボレーション

  • アッセイ毎にアクセスできるユーザー、ユーザーの属するグループとその役割分担を指定可能

データの一元管理

  • Arxspan Searchを使用することで、登録全アッセイデータに対し任意の条件を設定し容易にデータ解析する事ができます。
  • アッセイ開発機能だけでなく、LTSやHTSのスクリーニングプログラムにも最適です。