プローブ

HR MAS

iProbe HR-MASプローブと生体組織分析用アクセサリー

高分解能マジック角試料回転(HR-MAS)は、生体組織サンプルをそのまま分析するための確立された技術です。マジック角で回転させることにより、試料内での双極子間相互作用や感受性の違いによる線幅拡大の影響が取り除かれ、高分解能で高品質なスペクトルが得られます。

HR-MASプローブは、マジック角に合わせてZ勾配を持つように構成されているため、研究者は、グラジエント分光で向上した溶媒消去や、アーティファクトのない二次元同種核・異種核実験などを含む幅広いNMR実験技術を利用することができます。ディスポーザブルのローターインサートは、容易なサンプル調製とサンプル処理に便利です。ここでは、この技術を生体組織サンプルに適用するための、いくつかの実用的な推奨事項をご紹介します。

 

サンプル分析

NMR スペクトルは通常、サンプルの分解を遅らせるために 4℃で、サンプルの回転周波数を 4 kHz にして測定します。NOESY プレサチュレーションおよび/または 一次元 1H CPMG フィルタリングされた 一次元 1H スペクトルは、AMIX ソフトウェアを介した代謝物分析に使用されます。二次元 ローターに同期したadiabatic-TOCSY および 1H/13C HSQC 実験は、サンプルの代謝物の同定に役立ちます。

アプリケーション

iProbe HR-MAS プローブのアプリケーション

サービスとサポート

LabScape

磁気共鳴および前臨床イメージング向けのサービスとライフサイクルサポート

ブルカーは、最初のお問い合わせから評価、据え付け、その後装置が寿命を迎えるまでの購入サイクル全体を通して、お客様に比類のないサポートを提供することをお約束します。LabScapeサービスコンセプト

LabScapeの保守契約、オンサイト、オンデマンドおよびEnhance Your Labは、現在の実験室に適した保守とサービスを行うために、新しいアプローチを提供するよう設計されています。