42-21803669.jpg

高分子およびプラスチック

どのようにして Bruker の高分子分析と高分子分光法によって、高分子鎖の配向性と配座に関する分子構造のより深い洞察が可能なのか。

NMR を用いた高分子分析

さまざまな状態で、さまざまな条件の下で、NMR を用いることで高分子分析とプラスチックの分析を行うことができます。固体 NMR は、不溶性高分子または融解しない高分子の分析に使用されます。極めて高い温度での融解された高分子または材料の研究に、高温 NMR を適用できます。そして、HR-MAS NMR は、溶剤膨潤または半硬質の状態の高分子の詳細情報を提供できます。

最適化されたプローブ性能と組み合わされた  AVANCE-III システム の高いダイナミックレンジによって、NMR は、少量存在する材料の高分子の末端基、分岐、および他の特徴を研究するのに最適なツールになります。

赤外線分光法およびラマン分光法による高分子の特徴付け

振動分光法 (赤外線、近赤外線、およびラマン) は、高分子の同定と特徴付けに幅広く用いられてきました。
高分子の赤外線スペクトルは、高分子鎖の方向と配座に関する分子レベルでの洞察を示します。 今日、赤外線分光法を用いた高分子膜の動的性質の調査に関する関心が高まっています。重要な外部摂動は、高分子の繰り返し可能な動的歪みを与えています。このうよにして得られる動的な IR スペクトルの差によって、高分子の再方向付けや配座変化に関する情報を提供できます。 

FT-IR 分光法は、工業的に製造された高分子の品質管理のために、十分確立されています。その吸収帯の特徴的なパターンの変化は、製品の変化またはその汚染を明確に示します。目視検査で製品に不良の斑点が見つかった場合、この技術が表面の非常に小さな領域の化学組成を分析することができるため、一般的に、FT-IR 微量分析でその原因が特定されます。
FT-IR 微量分析のほか、ラマン分析もさらに、多層ラミネートの化学構造を解明するために高分子で使用されます。

高分子のプロセス モニタリング

近赤外線分光法は、高分子生産プロセスのモニタリングのためにますます認められるようになりつつあります。多くの企業が、従来型のアットライン型分析をMATRIX-F FT-NIR 分光計のような分光オンライン ツールに置き換え始めています。 

革新的な分析法は、経済的に大変興味深いものです。分析プロセスの速度向上と保守費用の削減によって、節約の高い可能性をもたらします。NIR スペクトルによって提供される多量の情報によって、多くのさまざまな成分や、密度、粘度、架橋度、安定剤のほかモノマーの含有量、そしてその他多くのことなどのシステム パラメータの同時、高精度分析が可能になります。 

Related Information