Preclinical Imaging

前臨床イメージング - 医薬品開発への新たなインサイトを提供する新しい方法

分子イメージングでは、生体における生物学的および生化学プロセスの非侵襲的評価が可能です。医薬品開発に適用できる有望なイメージングテクノロジーが数多く存在します。したがって、テクノロジーにより、前臨床および医薬品の臨床開発段階で私たちが疾病や薬物活性をよりよく理解できるようになる可能性があり、より適切な候補を選定する際を決定したり、最終的に失敗が予想されるような薬剤の開発を中止したりする助けにもなります。イメージングは、ボディ全体における(全身イメージング)、また経時的に(動的イメージング)薬物動態を見積もる非侵襲の潜在的な手段となります。 

ポジトロン断層撮影法(PET)は既存の画像診断法の中でも最も感度が高く、定量的です。In vivoイメージングテクノロジーは最先端の前臨床研究の中核をなすものであり、医薬品開発を補助するためには、生物学的プロセス、遺伝子発言、酵素とタンパク質の活性、疾病の進行と治療、生体内分布、新薬の薬力学または薬物動態を反復可能かつ縦断的な研究において理解することが不可欠です。

候補をすばやく排除するという創薬プロセスの初期におけるプレッシャーにより、ラベルフリー特性評価やマッピング、直接かつ定量的に測定可能な小分子R&Dの分析ツールの導入が進んでいます。研究者は最も見込みのある小分子リードを同定したいと考えており、超ハイスループット化合物スクリーニングなど、大手製薬会社が使用するのと同じ技術を使用するようになっています。

マトリックス支援レーザー脱離イオン化質量分析法(MALDI))イメージングは、質量分析(MS)と併用することで、研究者は組織サンプルを測定するラベルフリー技術が得られ、タンパク質、脂質、薬剤、代謝産物の分布を画像としてマッピングおよび可視化することができます。質量分析イメージング法(MSI)は開発者が空間分布、候補薬の組織生理学や関連する代謝産物を把握するのに役立ちます。

MALDIイメージングはターゲット解析とノンターゲット解析の両方に使用することが可能です。ターゲット解析の典型的な例は、薬物の測定と組織中の代謝物分布です。ノンターゲット解析の代表例としては、医薬開発における小分子および巨大分子内のタンパク質、糖鎖、または脂質のバイオマーカーの探索があり、より優れた、より安価な療法をより迅速に提供するという業界全体の目標において重要な役目を果たしています。