PCI Banner 1154x400

ライフサイエンス領域での前臨床イメージング

前臨床イメージングは、健康時と疾病時の双方における身体の働きを理解することや、生理学的変化、環境の変化への応答を描写するために極めて重要な役割を担っており、臓器、組織、細胞及び分子レベルにおける疾病のメカニズムについて、重要な知見を得ることにつながります。

このような情報から開発されたこれまでにない治療方法が、患者の転帰を改善し、命を救うことへ繋がります。前臨床イメージングは新しい治療の有効性や安全性を検証するための中枢でもあり、臨床使用前に薬剤の分布パターンを把握することが可能です。

分子を可視化するためのポジトロン断層撮影法(PET)や単一光子放射形コンピュータ断層撮影法(SPECT)と並び、磁気共鳴イメージング(MRI)やコンピュータ断層撮影法(CT)などの解剖学的評価技術によって、費用効率の高い、ハイスループットで長期的な動物モデルの研究が可能となります。

ブルカー社はあらゆる前臨床イメージングの要求を満たすよう、分子イメージング技術の幅広いポートフォリオを開発し、9.4テスラ(T)小動物用MRIスキャナーやマイクロCTスキャナーといった、in vivoに特化したイメージング装置をラインナップしています。PET、SPECTおよびCT技術を組み込んだAlbriaシステム、そしてPETとMRIを融合したPET/MR 3Tといった単一で使いやすい技術を集約することでマルチモーダルイメージングを可能にしました。