X線CTの原理と3Dプリンターへの応用

X線CTの原理と3Dプリンターへの応用

Webinar JP XRM - 2020April28
ウェビナー開催日: 4月 28th 2020

Register to download slides & media

その他資料

Overview

2020年4月28日(火)14:00-15:00
X線CTの原理と3Dプリンターへの応用

3D X線顕微鏡(X線CTは、サンプルの内部構造を3次元情報として断層評価できる画期的な手法です。3D X線顕微鏡は、X線が物体を透過する時に吸収される量(吸収係数)をコントラストとしてイメージングする事を原理としており、非破壊にて内部観測ができる事に醍醐味があります。本Webinarでは3D X線顕微鏡の測定原理に触れ、3Dプリンター造形物や金属サンプル内部の欠陥解析等の事例を紹介致します。

製品ライン:XRM(X線CT)
プレゼンター:X線事業部 営業部 阿部正輝

本ウェビナーはオンデマンドにて視聴いただけます。
こちらよりご登録ください。