INVENIO pb

CONFOCHECK

CONFOCHECK

概要

CONFOCHECKは、水中のタンパク質を調査するための専用FT-IRシステムです。高い試料スループットでデータ取得を高速化(試料あたり約30秒)し、使いやすいソフトウェアインターフェースで制御できます。

CONFOCHECKとタンパク質について

CONFOCHECKの主な用途は、タンパク質の形態変化の検出と定量化およびタンパク質濃度の決定です。分析したプロテイン試料からのタンパク質濃度および二次構造要素(αヘリックス、βシート)の定量測定は、内部キャリブレーションによって1分以内に実行されます。

CONFOCHECKは、複数のタンパク質試料専用のキュベットを装備し、溶解した、あるいは膜結合性のタンパク質を非常に少量(10 µg)でも測定可能です。温度を安定させ、温度によるタンパク質の形態変化の測定を容易にするため、試料キュベットはサーモスタットで温度制御されています。

タンパク質に関するFT-IRの用途

  • タンパク質の定量化
  • 形態変化の検出
  • タンパク質のダイナミクス(温度が引き起こす形態変化)
  • タンパク質のアグリゲーション、沈殿、結晶化中に生じる形態変化の監視
  • 二次構造の決定
  • 水溶液試料(緩衝液、賦形剤、洗剤)中のあらゆる種類の溶質の定量化

医薬品に含まれるタンパク質の分析:

  • 予備処方と処方開発:タンパク質の安定性に与える処方の影響の分析
  • 安定性調査(ストレステスト):pH、温度、突然変異がタンパク質の安定性に与える影響
  • 品質管理:生産環境におけるタンパク質の濃度、正しい製品組成の構造(緩衝液、賦形剤)の確認
  • 結合調査:リガンド結合がタンパク質の構造に与える影響の分析
INVENIO-S_Touch_AquaSpec_liquid_measurement_model_detail.jpg

水中のタンパク質分析: AquaSpec™

AquaSpecTMは、水溶性タンパク質または可溶化膜結合タンパク質の測定に使用されます。CONFOCHECKの内部キャリブレーションを使用すれば、二次構造と分析したタンパク質の濃度が測定後すぐに決定されます(約30秒)。

最適パス長が約7 µmのフロースルー透過セルが特徴です。AquaSpecTMは、高い試料スループットと精度も誇ります。低いタンパク質濃度(0.1 mg/ml未満)も容易に測定し、非常に小さな形態変化も検出します。

タンパク質のフォールディング:BioATRCell II

BioATRCell IIは、温度によって生じるアンフォールディング/リフォールディングを調査します。自動温度ランプ(0~95°C)を適用すれば、二次構造の特定の変化を観察し、タンパク質の融点を決定できます。 さらに、フィブリル化とアグリゲーションの特性評価を行い、pHの変化やリガンド結合作用に起因するタンパク質の構造変化を監視することができます。BIOATRCell IIの専用透析トップセクションを使用すれば、タンパク質を希釈することなく、低分子量の物質をタンパク質区画に透析できます。

詳細情報

CONFOCHECK について

INVENIO FT-IR プラットフォームについて