HTS_XT-Kopie.jpg

[Bitte nach "Japanese" übersetzen:] OPUS gives you Full Control

HTS-XT はOPUS/LAB ソフトウェアにより制御されるので、大量の試料の測定と評価を自動で行うことができます。複数の複雑な試料を定量分析する際には、PLS (Partial Least Squares)  のような多変量解析が用いられます。一方で、定性分析を行う際は、スペクトルの相関関係、PCA (Principal Component Analysis) 、ANN (Artifical Neural Networks) のような様々なアルゴリズムが用いられます。パラメーターの測定結果は一つのログファイルに保蔵ンされるので、試料のデータを外部プログラムやLIMS (Laboratory Information Management Systems ) へ簡単に転送できます。

OLAB HTS XT

[Bitte nach "Japanese" übersetzen:] Applications of HTS-XT

赤外分光を行うメリットとして、各赤外スペクトルから分子情報を得られることが挙げられます。他のハイスループット分析では特定のパラメーターを専用のマーカーシステムで測定する必要がありますが、赤外マイクロプレート分析では、対象物質全体の構造・分子情報を得ることが可能です。

このため、FT-IR 分析においてたった1 回の測定で複数のパラメーターを評価することができます。

[Bitte nach "Japanese" übersetzen:]

Use it for

  • Identification of microorganisms
  • Determination of contamination routes
  • Polymerization kinetics of varnish films and multicomponent glues
  • Characterization of cells (producers/non-producers)
  • Identification and type determination of diamonds
  • Soil analysis (classify soil types and quantify parameters)
Spectren