X線回折 (XRD)

DIFFRAC.TEXTUREソフトウェア

0D / 1D / 2D検出器で記録した極点図データセットの処理と解析を行う多機能ソフトウェア

ハイライト

使いやすさを追求した多機能極点図解析

材料や校正パーツの機械的な特性は、固有のまたは誘起された優先配向や集合組織に大きく影響を受け、それらの情報はX線回折法により非破壊で解析することができます。

DIFFRAC.TEXTUREは、極点図測定結果を解析するために設計された、多機能で使いやすいソフトウェアです。DIFFRAC.TEXTUREでは、フローチャートに沿って体系的に解析を行うことで、マウスを数回クリックするだけで、包括的な結晶配向情報を可視化します。

DIFFRAC.TEXTUREは、最も正確で信頼性の高い結果を提供するために、確立された相補的な2つのアプローチを搭載しています。それは、 モデルフリー球面調和関数法とモデルベースコンポーネントフィット法です。

DIFFRAC.TEXTUREにコンポーネント法を実装したことで、立方晶から三方晶にいたるすべての結晶系材料の解析がサポートされるようになり、サンプル対称性定義の拡張により、膨大な多様性のある配向状態を確実に扱うことができるようになりました。

  • 0D / 1D / 2D測定データセットから極点図変換とシングルクリック指数付け機能
  • 詳細な結晶モデルに基づいた配向解析アプローチ: コンポーネントフィッティング法
  • 配向分布関数 (ODF) のモデルフリー直接アプローチ: 球面調和関数法
  • 多彩な集合組織可視化機能とレポートテンプレート

特長

極点図解析ワークフロー

1. データセットの読み込みとサンプル情報の定義

データセットの読み込みと極点図の作成

測定結果からの極点図作成がこれまでになく簡単になりました。DIFFRAC.TEXTUREは、0D / 1D / 2D検出器で測定されたデータセットをインポートし、1Dデータは必要な角度領域から、2Dフレームデータはフレームカーソルによる直接選択で、シングルクリックによりで瞬時に極点図を作成することができます。

DIFFRAC.TEXTUREには包括的な結晶構造データベースが搭載されており、最小のステップで極点図測定結果と対応する回折指数をリンクさせることができます。また、異なる相からのオーバーラップ信号を簡単に割り当てることができ、データ解析を容易にします。

2. 極点図解析

極点図のODF解析

DIFFRAC.TEXTUREは、最も正確で信頼性の高い結果を提供するために、確立された相補的な2つのアプローチを搭載しています。

モデルに依存しない球面調和関数法は、マウスを1回クリックするだけで、極点図から直接配向分布関数 (ODF) を計算します。

コンポーネントフィッティング法は、高速な最小二乗法を使用して、極点図に集合組織コンポーネントの組み合わせを最適化させるモデルベースのアプローチです。

3. 集合組織の可視化

ODFによる集合組織の可視化

DIFFRAC.TEXTUREには、得られた集合組織情報をより詳細に解析するための強力なツールとオプションが搭載されています:

  • ODFの2D断面レイアウトまたは3D表示
  • ND、TD、RD方向の逆極点図表示
  • 各集合組織コンポーネントの3D表示: 結晶配向の可視化
  • 無配向成分を含むコンポーネント体積分率チャート表示

2つの極点図ODF解析用アプローチ

球面調和関数法

球面調和関数法で得られたODFの2D表示

球面調和関数法は、モデルフリーの解析アプローチで、ODFを迅速に導出したい場合に推奨される方法です。

一般化された球面調和関数を使用して、測定結果の極点図を級数展開し、ODFを直接計算します。

球面調和関数法のメリットは、解析時のサンプル情報を必要とせず、高速かつシンプルな手法でODF解析結果を得ることができる点です。

コンポーネントフィット法

DIFFRAC.TEXTURE - コンポーネント法を用いた極点図解析

コンポーネントフィット法はモデルベースの解析アプローチです。集合組織はサンプルの方位、結晶、プロセスの対称性で定義される一連の成分 (コンポーネント) によってモデル化されます。これらの集合組織成分から、対応する極点図が計算されます。

次に、最小二乗法を使用して、シミュレーションされた極点図を測定結果に対して最適化させることで、集合組織成分のパラメーターを精密化します

コンポーネント法では集合組織をより深く理解することができます。集合組織コンポーネントのプロセス対称性は、サンプルの製造や加工履歴と極点図測定結果とをリンクさせます。

仕様

DIFFRAC.TEXTUREソフトウェア技術仕様

バージョン

現在のバージョン: 4.1

現在のバージョン: 4.1

0D / 1D / 2D検出器データ処理

極点図の自動指数付機能

球面調和関数法

コンポーネントフィッティング法

対応OS

Windows 8、Windows 8.1、Windows 10 (32ビット版、64ビット版)