熱電材料におけるビスマスリッチな結晶粒界の解明

熱電材料は、発電から固体冷却まで幅広い用途を備えています。テルル化ビスマス(BiTe)とその合金は、ペルチェ冷却装置に最も一般的に使用される熱電材料です。
ここに示されているのは、結晶粒界にビスマスが偏析している 銀 - 鉛 - テルル化ビスマス(AgPb18BiTe20)のマップです。ミニマップでは、PbとTeは材料に均等に分布しているのに対し、Agは濃度の局所的な変動が見られます。PBとBiは、EDSスペクトルに強いオーバーラップが見られます。ESPRIT 2の自動ピークフィッティングとデコンボリューションのアルゴリズムにより、強いオーバーラップを持つPbとBiのピークを区別することができました。

AgPbTeBi熱電材料におけるビスマス分離
PB(緑)とBi(黄色)のピークの強いオーバーラップを示すEDSスペクトル