MultiRAM

MultiRAM

FT-ラマン専用機
Banner_Raman-Spectroscopy_MultiRAM_Bruker

ハイライト

特長

高性能

MultiRAM は、標準構成において 3600〜50 cm-1 のラマンスペクトル(ストークスシフト)を提供します。MultiRAM の心臓部は、金コーティングされた光学系とブルカー独自の特許技術により恒久的なアライメントを可能にした  RockSolid™干渉計であり、より高い精度が求められる散乱光分析において、優れた安定性と高い光学スループットを提供します。

サンプリングの柔軟性

究極の柔軟性と拡張性をもつ MultiRAM は、第 2 レーザーおよび第 2 検出器、自動偏光アクセサリ、そして光ファイバ結合ポート(2ポート)を装備することが可能です。MultiRAM の標準構成では、試料の位置調整を容易にする電動ステージと、分光感度に関する装置関数を校正するための白色光源が装備されています。3 方向からアクセス可能な大型の試料室には、90 ° 配置のラマン散乱光集光系や、加熱されやすい試料の測定において有用なデフォーカス光学系を装着することも可能です。そのほか、オートサンプラーや低温/高温試料ステージなどのオプションアクセサリも豊富に取り揃えています。顕微 FT-ラマンアクセサリ RamanScopeIII および分散型共焦点顕微ラマンシステム SENTERRA II との組み合わせも可能で、これにより FT-ラマン分光分析をマイクロメータースケールに拡張することができます。

感度と安定性

ブルカー独自の特許により実現した摩擦およびアライメントフリー干渉計 RockSolid™は、広帯域石英ビームスプリッターを装備し、最高の感度と安定性を保証します。試料励起用の Nd:YAG レーザー (1064 nm) は、すべてソフトウェアにより制御されます。このシステムには、室温動作型 InGaAs 検出器または高感度ゲルマニウム 検出器のいずれか、あるいは両方を装備することができます。ハイスループット光学系とブルカー独自の液体窒素冷却式ゲルマニウムフォトダイオード検出器は、ノイズを最小限に抑えることで微弱信号検出を可能にし、優れた感度を提供します。液体窒素の保持時間が非常に長いため、1 週間程度のであれば窒素補充なしで連続測定が可能です。

詳細

資料ダウンロード

当社のFTラマン分析装置とソリューションの詳細については、こちらから資料をご確認頂けます。