Bruker
製品とソリューション
アプリケーション
サービス
ニュースとイベント
キャリア
企業情報
Triple Quad MS

LC/GC トリプル四重極質量分析システム

食品、環境、法医学、臨床サンプルに含まれる主要な化合物の分子構造を分析し、定量化します。
Triple Quad MS

LC/GC トリプル四重極質量分析システム

トリプル四重極質量分析(MS)はタンデム質量分析(MS/MS)とも呼ばれ、コリジョンセルで分離された2つの質量ろ過ステップを直列に使用して、サンプルの成分を定量したり、より高い特異性と感度でその構造を分析したりするために使用されます。トリプル四重極MSは、正イオン化合物と負イオン化合物の両方を検出できるため、分析対象となる成分の範囲が広がります。

 

トリプル四重極MSは、その高い感度と特異性により検出限界や定量限界を下げることができるため、食品検査、薬物代謝、薬物動態、法医毒性、環境研究、生物学的分析の分野で主要なツールとなっています。

 

液体クロマトグラフィー‐トリプル四重極質量分析

液体クロマトグラフィー(LC)は、定量および定性分析のためにトリプル四重極MSと組み合わせて使用されることが多く、定量が難しいアイソバリックな化合物の分離を可能にします。

 

ガスクロマトグラフィー‐トリプル四重極質量分析

気相成分を定量的・定性的に分析するために、GC-トリプル四重極MSは低分子の高感度・高選択的なターゲット分析に使用されます。

For Research Use Only. Not for use in clinical diagnostic procedures.