ESRアクセサリー

ESRイメージング

ハイパワーXバンド磁場勾配によるイメージング

ESRに空間的な情報を付与

XバンドESRイメージングは、1mm以下の空間分解能とESRの特異性を組み合わせた強力な分析技術です。 この特長を活用するために、ブルカーは、ELEXSYS E-500のオプションとして高出力のXバンド用の磁場勾配コイルを開発しました。

ESRイメージングは、Xバンドの高感度を利用して高い空間分解能のESR画像を得るために、いくつかの研究分野で利用されています。材料研究では、材料の処理中に内因性のフリーラジカルがモニターされています。バイオメディカル分野では、皮膚科、心臓病学、細胞生物学の領域でESR画像が使用されています。これらの各分野では、可能な限り最高の空間分解能を達成することが重要です。

特長

  • z方向とy方向の二次元の磁場勾配
  • 200 G/cm のグラジエント強度
  • 水冷式
  • 10インチの磁石に設置可能
  • 25 mmのエアギャップ
  • N2およびHe温度可変システムに対応

専用のXバンド共振器

Xバンドの高出力磁場勾配コイルではエアギャップが小さくなるため、コンパクト設計の共振器 ER 4108 TMHSが必要です。この特別に設計された共振器は、高感度を維持しながら、狭い空間に収まります。

特長

  • 9.8 GHz 空共振
  • 15 G 最大変調振幅
  • B0方向に23 mm幅
  • N2およびHe温度可変システムと互換
  • 試料照射用光学窓

ダイヤモンドの高分解能イメージング

天然および合成ダイヤモンドのESRイメージングは、結晶内の常磁性中心の位置を特定するために使用されます。下のESR画像は、同じイエローダイヤモンドの2方向の画像を示しており、右の画像ではダイヤモンドを90°回転させています。高出力のXバンド磁場勾配(上)を使用することで、低出力の磁場勾配(下)と比較して、常磁性中心の位置をより正確に特定することができます。

LabScape

磁気共鳴および前臨床イメージング向けのサービスとライフサイクルサポート

ブルカーは、最初のお問い合わせから評価、据え付け、その後装置が寿命を迎えるまでの購入サイクル全体を通して、お客様に比類のないサポートを提供することをお約束します。

LabScapeの保守プラン、On-Site, On-Demand, Enhance Your Lab は、最新の実験室に適した保守とサービスを行うために、新しいアプローチを提供するよう設計されています。