臨床向けNMRソリューション

B.I. BioBank Tool

完全に自動化された中での厳しい品質管理および特性評価が可能です。

ハイライト

世界的にバイオバンクの数が急増する中、バイオバンクの価値を保証するためには、全てのプロセスの品質管理が必要です。研究者が1つ以上のバイオバンクから得た検体検査結果を統合できるようにするためには、標準化が必要です。標準化にはQCプロセスも含まれており、ここには事前分析とサンプル保管の全ての側面をカバーする必要があります。さらに、検体/ドナーのメタパラメーターの検証も付加価値となります。

NMRは特に液体生検のQC分析を行うのに適しており、1検体あたり1回のQC測定で、多くの基準を設けることができます。またQC情報に加えて、NMRはQCの工程で生成された同じスペクトルを用いて、多くの代謝情報を提供することができます。この情報を用いて、尿中では2つの年齢範囲で150の代謝物が定量されます。血漿・血清中の115種類のリポタンパク質関連パラメータ(サブクラスを含む)と26種類の代謝物・パラメータを分析および定量します。全工程がボタンを押すだけで済むように自動化されているため、訓練を受けた医療技術者が取り扱うことができます。

品質管理に加えて、バイオバンクは、選択されたNMRスペクトルまたは定量結果のメタデータを使用することにより、疫学研究または臨床試験をサポートすることができるようになります。これにより、新たな対策の必要性が減少し、臨床試験や研究のコストが大幅に削減されます。スペクトルデータを共有することで、さらなる節約も可能です。新しいNMRベースの診断テストは、試験のコストを爆発的に増加させることなく、世界的規模で、また複数の表現型で検証することができます。11のIVDrプラットフォームの実験室間トライアルから生成されたデータが、NMRのこのユニークな利点を証明しています。

利点

  • 事前分析から、低下の状況、絶食状態や未報告薬物のチェックまで、総合的な品質パラメータを提供
  • 過去に記録されたデータのレトロスペクティブ(後ろ向き)分析
  • 標準化された移管可能な手順
  • バイオバンク間のNMRデータの世界的な互換性
  • 広範な定量手順では、新たな測定を行うことなく、保存されたスペクトルを使用して、リポタンパク質サブクラス分析と低分子定量のために、尿中の150化合物定量、血漿/血清中の150以上のパラメータを提供

アプリケーション

ウェビナー

お客様の声

お客様の声

CICバイオグネにおける高度なNMR技術を用いた代謝プロファイリングとスクリーニング
オーストラリア国立フェノームセンターの設立
メタボロミクスのNMR - クラウディオ・ルキナート教授へのインタビュー
ドイツ・リューベックにIVDrラボを開設
ジェレミー・ニコルソン教授 - マードック大学
NMRによるIVDrのグライフスヴァルト大学ゲマニーのマティアス・ナウク教授へのインタビュー

サポート

LabScape

磁気共鳴および前臨床イメージング向けのサービスとライフサイクルサポート

ブルカーは、最初のお問い合わせから評価、据え付け、その後装置が寿命を迎えるまでの購入サイクル全体を通して、お客様に比類のないサポートを提供することをお約束します。

LabScapeの保守契約、On-Site、On-DemandおよびEnhance Your Labは、現在の実験室に適した保守とサービスを行うために、新しいアプローチを提供するよう設計されています。