製薬向けのNMR & ESRソリューション

非接触重量測定

バイオ医薬品および活性薬のワンステップ非接触重量測定

バイオ医薬品の台頭で、確立されたTD-NMR法が再び脚光を浴びています。
バイアルやシリンジの高精度な充填テストが数秒でできるようになりました。このテスト手法は、非侵襲的で、試料の無菌状態を維持しながら、手頃な価格の卓上機でご提供するものです。

minispecによる非接触重量測定(Contactless Check Weighing, CCW)は、充填ラインの制御最適化を可能にするという、医薬品製造における比類のないメリットから、益々注目を集めています。卓上型minispec mq CCWは、MRIと同様の磁気共鳴技術であるTD-NMRを用います。
医薬品製品は、シリンジ、バイアルあるいはアンプルに、一定の重量または量を充填し、慎重に管理しなくてはなりません。一般的な方法は天秤による秤量ですが、明らかに工程が2段階となります。

利点

CCW検量線

装置の校正は、空のバイアルまたはシリンジを使用し、目的の医薬製品を異なる量ずつ加えるというシンプルな方法です(図を参照)。重量と共にminispecの信号強度が高くなるため、検量線は、原理的に高い直線性を有します。

CCWのアプローチの特長は以下です。

  • ワンステップの重量測定
  • 包装後の製剤(固体・液体)の測定
  • ガラスおよびプラスチック製のシリンジ、バイアル、アンプルの形状を問わず適用可能
    非破壊的な手法なので、試料はさらに試験(インテグリティやAPI含有量)が可能
  • 容易でシンプルな校正
  • 場所をとらない卓上型のTD-NMRシステムで、メンテナンスも不要
  • 21CFRpart11対応が可能なソフトウェア
  • IQおよびOQ対応をサポート

LabScape

磁気共鳴および前臨床イメージング向けのサービスとライフサイクルサポート

ブルカーは、最初のお問い合わせから評価、据え付け、その後装置が寿命を迎えるまでの購入サイクル全体を通して、お客様に比類のないサポートを提供することをお約束します。

LabScapeの保守プラン、On-Site, On-Demand, Enhance Your Lab は、最新の実験室に適した保守とサービスを行うために、新しいアプローチを提供するよう設計されています。