NMR 装置

AvanceCore

AvanceCoreは、高分解能NMRを、さらに身近な技術として活用していただくためのソリューションです。

高分解能で

合理化されたシステムを手の届く価格で

ハイライト

AvanceCoreは、ブルカーの豊富なNMRの専門知識と合理的な生産プロセスを組み合わせることで、無駄のないシンプルな製品となっています。AvanceCoreは、効果的な資産活用を重視するNMRユーザーのために設計されています。

400
MHz
AvanceCoreは、2チャンネルの本格的な400 MHz NMR分光計です。
品質と性能
AvanceCoreは、ブルカーが誇る高い品質と高性能を提供します。
優れたコストパフォーマンス
ソフトウェアのサブスクリプションにより、追加機能を柔軟に有効化または無効化することができます。必要な時に、使用する分だけを支払います。
AvanceCore NMR 分光計の詳細
ダウンロード

NMRは非常に強力な分析手法です。AvanceCoreの登場で、NMRは様々な分析上の課題を解決することのできる、身近で理想的なツールとなっています。

アプリケーション

アプリケーション

AvanceCoreは手の届く価格でありながら、高分解能NMRとして妥協のない性能を発揮します。優れた分解能と感度により 、ppmオーダーの濃度の混合物分析が可能です。AvanceCoreは、分子構造を原子レベルで解明することのできる、最先端の2D NMR法にも対応しています。


同定と定量 :この1Hスペクトルは、AvanceCore Foundationを用いて、20mgのサンプルを5分以内で測定して得られたものです。サンプルには、以下の不純物が100ppm(0.002mg)含まれています:アセトニトリル、アセトン、酢酸エチル、酢酸(DMSO-d6溶液)
AvanceCore Foundationは、TOCSY、COSY、ROESY、NOESYなどの最先端の1H-1H 2D実験もサポートしています。このスペクトルは、消炎鎮痛剤イブプロフェンのTOCSY相関を示しています。 TOCSYはシグナルの帰属に利用できます。
AvanceCore Foundationでは、混合物分析のための1H DOSY NMR実験を行うことができます。DOSYは、「クロマトグラフィーのようなNMR」と呼ばれることがあります。LC-MSのように、混合物の各成分を拡散係数の違いで分離します。
AvanceCore Selectは、分子構造の解明に欠かせないヘテロ核実験(HSQC, HMBC...)をサポートしています。このスペクトルは、20mgのイブプロフェン試料の2D 1H/13C HSQC-TOCSY実験で得られたものです。

利点

利点

NMRには他の分析手法と比べて多くの利点があります。

  • NMRでは、あるがままの状態を検出します。一方、例えばクロマトグラフィー分析では、溶液を加えたり、試料を蒸発濃縮させる工程が必要です。また、試料の劣化や望まない反応が起こる可能性があるため、シグナルの帰属が複雑になります。
  • NMRは、有機化合物に含まれる1H、13C、19F、31Pなどの原子核の周波数が異なるので厳密にそれぞれを区別して検出します。他の分析手法では、明確に区別して見ることができません。例えば、クロマトグラフィー用のUV検出器では、発色団を持たない多くの物質が検出されません。IRや質量分析計にも同様の限界があります。
  • NMRでは、あらゆる標準物質に対して、物質の同定や定量が可能です。他の分析手法の場合は、同じ材料や化合物の標準物質が必要です。
  • 1D NMR実験では、ほとんどのサンプルに対して標準的なパラメーターで実験を行うことができます。1つのスペクトルから複数の化合物を同定・定量できるため、時間とコストの削減につながります。一方、例えばHPLCでは、特定のアプリケーションに最適化された方法があれば良好な分離とS/N比を実現することができますが、1つのサンプルに対して複数の分離カラムやメソッドが必要になる場合もあります。

仕様

構成

ブルカーでは、AvanceCoreを3種類のパッケージにまとめてご提供します。

Foundation
: AvanceCoreの最もベーシックな構成で、高分解能の1H NMR分光法を提供します。パッケージには、400 MHz NMR磁石、分光計、5 mmプローブが含まれています。

Select: AvanceCore Selectには、1Hおよび多核(13C, 31P...)を用いた最先端の実験を行うためのハードウェアとソフトウェアが全て含まれています。

Convenience: AvanceCore Convenienceには24検体用のサンプルチェンジャーが搭載されています。IconNMRソフトウェアは、オープンアクセスでの使用と自動化されたルーチン測定を可能にします。

お客様のニーズに合わせて機能を拡張することができます。既存のAvanceCoreは、FoundationからSelectへ、SelectからConvenienceへと容易にアップグレードできます。

仕様

AvanceCoreは、本格的な400 MHz NMR分光計です。AvanceCore分光計の主な特徴は以下の通りです。

AvanceCore 磁石 NMR周波数 (1H) 400 MHz
  典型的なヘリウム持続時間 300日
  典型的な窒素持続時間
16日
AvanceCore コンソール RF チャンネル数 2
  分解能(Timing) 12.5 ns
  分解能(Frequency) < 0.005Hz
  ロック
デジタルロック
  RF 周波数範囲 57Fe-19F/1H
AvanceCore プローブ NMR チューブ外径 5 mm
  チャンネル
1H, BB & 2H ロック
  Z軸グラジエント 50 G/cm
オプション サンプル温度調節ユニット、24本のサンプルチェンジャー  

サポート

サポート

最大限の価値を提供するために、「Core」のコンセプトはブルカーのサービスとメンテナンスの提供にも踏襲されています。リモートモニタリングやリモート診断を利用することで、メンテナンスの費用対効果を高められます。